人気ブログランキング |
タグ:川・滝・潟 ( 42 ) タグの人気記事
水辺の朝
先日の朝、犀川の岸辺を散歩していました。
水鳥の群れが羽を休めています。ここは、サギの仲間のコロニーのようです。
ほかに、カモの仲間もいて、朝の水浴びをしていました。

d0043136_1632657.jpg



d0043136_16333334.jpg



d0043136_16344247.jpg



d0043136_1635423.jpg



d0043136_163674.jpg


鳥を撮るには、かなりの望遠レンズが必要ですね。
一部、トリミングしました。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED+REAR CONVERTER-A 2X-S
金沢・犀川・示野中橋付近
by tokimekiroman | 2006-10-14 16:50 | Trackback | Comments(18)
犀川の岸辺
きょうは、今にも降り出しそうな空模様でしたが、久しぶりに犀川の岸辺を桜橋から上流の下菊橋、さらに上菊橋の方向へと歩いてみました。
水の流れ、水鳥の群れ、コスモスの花、花にとまるチョウ・・・
川を渡る風は清々しく、久しぶりにゆったりとした気持ちになれました。

d0043136_23751100.jpg

犀川の流れ


d0043136_2320467.jpg

カモが泳ぐ


d0043136_225202.jpg

コスモスの花


d0043136_22521615.jpg


d0043136_22523799.jpg

下菊橋


d0043136_22531128.jpg

ツマグロヒョウモン


d0043136_2253362.jpg

ヤマトシジミ

yoas23さん に教えていただきました。10月6日・追記。

d0043136_22535095.jpg

上菊橋


d0043136_22541793.jpg

アオサギ


犀川の桜橋の上流には、上、下の菊橋が架かっています。犀川の雅名は「菊水川」だとか。そういえば、このあたりは菊川町と呼ばれています。なぜか、菊に縁のある名前が多いですね。

※ 犀川の上流、内川ダムのあたりに「菊水町」という町があり、内川小学校の「菊水分校」もありました(昭和48年に廃町、廃校になっています)。「菊水川」の名は、そこから来ているのかも知れません。10月7日・追記。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
金沢・犀川
by tokimekiroman | 2006-10-05 22:55 | Trackback | Comments(22)
浅野川の岸辺・・・金沢
秋雨前線の影響なのか、きょうも雨が降ったりやんだり・・・。

そういえば、金沢では「弁当忘れても傘忘れるな」ということばがあるくらい、雨が多いのです。
統計によると、平成9年には、石川県の年間の降水量が2506ミリで、全国の都道府県の中では最も雨が多かったそうです。
先日読んだ「石川県って、こんなとこ」という本に出ていました。

観光に来たのに、雨が降ってきて困ったということ、ありますよね。
金沢市は、そんな時、傘を無料で貸してくれるサービスをしています。冬の雪の時には、長靴も貸してくれます。いたれりつくせりという感じですね。
問い合わせは、JR金沢駅「金沢百番街」の石川県金沢観光情報センターです。

写真は、浅野川の下流、磯部橋のあたりです。
岸辺の草花を撮ってみました。
d0043136_2384091.jpg

コマツナギ



d0043136_2391213.jpg

エノコログサ



d0043136_23164294.jpg

コサギ

300ミリを手持ちなので、ブレてしまった・・・(涙)。それに、トリミング。


d0043136_2394583.jpg



d0043136_2310591.jpg

浅野川下流から見た金沢市街


(追記)yoasさん、namazuさん、pandafulさんに名前を教えて頂きました。コマツナギとコサギの名前を入れました。ありがとうございます。(9月15日)


PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED
金沢・浅野川
by tokimekiroman | 2006-09-14 23:47 | Trackback | Comments(26)
片山津温泉の花火
片山津温泉で開かれた花火大会に行って来ました。
柴山潟に船を浮かべ、そこから打ち上げる花火です。
潟のそばには、大勢の観衆が詰めかけ、行く夏を惜しむかのように、花火を楽しんでいました。
この夏の花火は、これでおしまいです・・・。

d0043136_0281260.jpg

柴山潟と片山津温泉


d0043136_23543788.jpg


d0043136_2355215.jpg


d0043136_2355516.jpg




d0043136_0225886.jpg


d0043136_23563460.jpg


d0043136_23571650.jpg


今回もバルブ露出にしておいて、黒い厚紙で何回か露光しましたが、どんなふうに上がるかは、運まかせ。
多重露出ができないデジタル一眼の場合、フィルム一眼よりもハードルが高いのかなと思ったりもします。
撮った中から、ちょっと面白いかなというのをアップしました。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
加賀市・柴山潟・片山津温泉
by tokimekiroman | 2006-08-21 23:57 | Trackback | Comments(21)
夏の木ノ窪大滝・・・津幡町
きょうの金沢は、最高気温が36.5度!この夏最高を記録してしまいました。

この時期、「涼を求めて」という企画が多いですが、「涼」ならば「滝」でしょう!と、単純な発想で、行ってみました。

津幡町の山間部にある木ノ窪大滝です。富山県との県境にあり、間違って直進すると、富山県に入ります。私は間違って、富山県に一歩入ってしまいました。

滝の落差は、約15メートル。勢いよく水が落ちていました。
d0043136_2141331.jpg


d0043136_21412330.jpg

木ノ窪大滝


きょうは土曜日。夏休み中の子どもとお父さん、お母さんの姿が目立っていました。
d0043136_21414182.jpg


d0043136_21421316.jpg


子どもは、川遊びが好きですね!子どもの頃を思い出します。
d0043136_21422620.jpg


d0043136_21424399.jpg


ここでは、「流しそうめん」もやっていますが、大変な人気!
順番待ちの列ができており、私と妻は、「流し」ではないそうめんと岩魚の塩焼きを食しました。
d0043136_238961.jpg

d0043136_2382177.jpg

滝を目の前に見ながら、食すそうめんは、また格別ですね!

木の窪大滝の「流しそうめん」、8月31日まで営業しているそうです。

「PENTAX PEOPLE」の月例フォト企画「涼」にTBします♪

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
津幡町・木ノ窪大滝
by tokimekiroman | 2006-08-19 22:27 | Trackback | Comments(26)
手取峡谷の川下り
毎日、暑い日が続きますね。
梅雨明け直後は、太平洋高気圧におおわれて、青空が広がり、これを「梅雨明け十日」と呼んでいます。
北陸地方の梅雨明けは7月30日だったので、まさに今が「梅雨明け十日」。
充分に楽しみたいですね。

暑い日は、水辺が恋しくなる・・・という訳で、手取峡谷へ行ってきました。
ここは、急流をゴムボートで下る川下りがあるんです。

d0043136_2340392.jpg

手取峡谷 右が綿ヶ滝


d0043136_23484670.jpg

ゴムボートが綿ヶ滝のすぐ横を通る


d0043136_23245416.jpg

滝のそばにオニユリの花が・・・


d0043136_2325872.jpg

こんな滝も


d0043136_23275031.jpg

滝のしぶきに虹が・・・


d0043136_2329158.jpg


d0043136_23403133.jpg

急流を下る!


d0043136_23293162.jpg

川下りのボートを橋の上から


d0043136_23301399.jpg


ゴムボートで、渓谷美を楽しみながら川を下るなんて、スリル満点!涼味満点!
夏の暑さなど忘れてしまいそうです。

綿ヶ滝の上に、「綿ヶ滝いこいの森キャンプ場」があり、キャンプとセットで楽しむのもいいかも知れません。

「PENTAX PEOPLE」の月例フォト企画「涼」にTBします♪

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F 70-210mm/F4-5.6
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
白山市(旧鳥越村)・手取峡谷

「手取峡谷川下り」は、こちらです。

 手取峡谷川下り
by tokimekiroman | 2006-08-06 23:33 | Trackback | Comments(30)
水辺の風景~木場潟
先日、木場潟のほとりをウォーキング。
梅雨入り前で、歩いていると汗ばむくらい。
けれど、太陽のもと、汗を流すって、もやもやが吹っ切れる感じで、気持ちいいですね。

小鳥がさえずり・・・
d0043136_20472214.jpg



風が舞い・・・
d0043136_20481646.jpg



風がうたう・・・。
d0043136_20493372.jpg



そして大地が語りかけ・・・
d0043136_20522389.jpg



水がささやく・・・。
「もっと自分らしく・・・」と。
d0043136_20562153.jpg



とりとめもなく、そんな妄想を心に浮かべながら、水辺の道を歩く私でした♪

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
小松・木場潟
by tokimekiroman | 2006-06-16 21:20 | Trackback | Comments(10)
新緑の綿ヶ滝~手取峡谷
手取峡谷に足を向けてみました。
いつもなら、綿ヶ滝の下へ降りられるのですが、今年は、ガケ崩れによる落石の危険があるため、通行止めになっていました。
やむなく、展望台からの眺めです。前の日の雨のせいか、川の水は少しにごっています。

d0043136_21304863.jpg

手取峡谷の綿ヶ滝


d0043136_21312614.jpg

滝の落差は32m

ここには、綿ヶ滝いこいの森キャンプ場があります。
施設使用料は無料で、テント持ち込み料が1張り1,500円とお得な料金です。
新緑の季節。これからが本格的なキャンプシーズンです。
今度、キャンプに来ようかな!

d0043136_21335153.jpg

林の中の綿ヶ滝いこいの森キャンプ場


d0043136_21344371.jpg

綿ヶ滝の上流、駿馬川の流れ


d0043136_21365113.jpg

新緑と川の流れ

NDフィルターで光量を落とし、スローシャッターにしてみました。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F 70-210mm/F4-5.6
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
手取峡谷・綿ヶ滝(白山市鳥越)

2月に来た時の記事はこちらです。こちらのほうが川の水はきれいでした。
白山と手取峡谷
by tokimekiroman | 2006-05-03 21:42 | Trackback | Comments(8)
春の犀川べり
きょうは珍しく天気が良かったので、犀川べりに行ってみました。
川に沿った遊歩道を散歩する人の姿も多く見られました。
けれど、桜はまだ「つぼみ固し」。この様子では、4月4日の開花予想もずれ込むのかも知れません・・・。
今年の冬は寒さが厳しかったため、きょうは4月1日なのに、3月中旬のような景色でした・・・。わずかに、芽吹いてきた柳が春を感じさせてくれました。

d0043136_2219302.jpg

柳が芽吹いています。

d0043136_2220863.jpg

桜はまだ「つぼみ固し」。

d0043136_22203542.jpg

犀川緑地

d0043136_2221245.jpg

カモさん

d0043136_22211616.jpg

犀川べりから見る山々

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
SMC PENTAX-F 70-210mm/F4-5.6
金沢・犀川緑地公園
by tokimekiroman | 2006-04-01 22:23 | Trackback | Comments(14)
邑知潟の白鳥
邑知潟(おうちがた)へ行ってきました。
ここは「白鳥の里」と呼ばれ、シベリアからやってきたハクチョウが冬を過ごしています。
ここにいるのは、だいたい10月末から3月末までの5ヶ月間で、ハクチョウさんたち、暖かくなってきたので、そろそろシベリアへ帰るようですよ。

d0043136_18594327.jpg


d0043136_1901074.jpg

北へ旅立ち?

d0043136_1903591.jpg


d0043136_191113.jpg


d0043136_1913488.jpg


d0043136_1914781.jpg


潟にいたコハクチョウが一斉に飛び立ち、こちらは懸命に連写しましたが、カメラが追いつかず、頭が入っていないのもあります。ご愛嬌ということで・・・。
コハクチョウのほかにもカモの仲間やサギの仲間など、たくさんの姿がありました。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED+REAR CONVERTER-A 2X-S
邑知潟(羽咋市)
by tokimekiroman | 2006-03-05 19:14 | Trackback | Comments(10)