人気ブログランキング |
のとキリシマツツジ
ゴールデンウィークも後半に入り、春の行楽がたけなわですね。
絶好の天気にめぐまれたきのう、能登方面へバス旅行に行って来ました。
県内の民放OB、OGの集まりで、小木の「伴旗祭り」を見物しようという企画です。

金沢をバスで出発、まず着いたのは能登空港。
ここで、「日本一のとキリシマツツジ・フェスティバル」を開催中。
d0043136_22353187.jpg






d0043136_2341040.jpg


のとキリシマの本場だけに、珍品も・・・。
樹齢200年という「根上りのキリシマツツジ」。歳月をかけ、徐々に根っこを地表に出していくと、こんなふうに。
d0043136_22385533.jpg


こちらは、背丈の2倍はありそうな巨大なキリシマツツジ。これでも盆栽です。運搬に苦労したそうです。
d0043136_2241595.jpg


キリシマツツジの即売コーナーも人気です。
d0043136_22463673.jpg


このあと、のとキリシマツツジ連絡協議会会長、宮本康一さんのご好意で、お宅へ移動。
能登町笹川、宮本家の庭にある樹齢400年というドウダンツツジ(能登町天然記念物)を拝見しました。
d0043136_22492423.jpg


d0043136_2327188.jpg


お昼は柳田植物公園の中にあるレストランで、能登ならではの魚介たっぷりの「能登丼」を賞味しました。
d0043136_2251438.jpg


「能登丼」を堪能したあとは、バスで、小木に移動。めざすは、「伴旗祭り」。
d0043136_22535546.jpg


この続きは、次回に・・・。

PENTAX K100D
能登空港 のとキリシマツツジ
by tokimekiroman | 2008-05-04 23:24 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://tokimekiro.exblog.jp/tb/7836851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ironsky at 2008-05-05 06:23
おはようございます。
見事なツツジです。
4枚目の大きなツツジも、盆栽なんですね。
見上げるような盆栽、見事なものです。
Commented by 風の旅人 at 2008-05-05 07:28 x
参加できなくて残念!

キリシマツツジは、真紅の色が鮮やかで
ツツジの王様だと思います!
ツツジの生育には珪藻土質の能登の赤土が、
多分合うのでしょうね。
和倉にも野生のツツジがたくさんあつたのですが、
乱獲されてほとんどその姿を消してしまいました。
そのような事がないように祈りたいものです。

Commented by biwahama at 2008-05-05 08:55
真っ赤なキリシマツツジ 見事ですね。
大きい盆栽にはびっくりです。運ぶの大変だったでしょうね。
バス旅行楽しそうですね。旅行には美味しい食事もつき物。
新鮮な能登弁 うらやましい~。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2008-05-05 11:29
なんとも見事な盆栽ですね。
盆栽のことはわっぱりわかりませんけど、これだけ立派な盆栽を見せていただくと歴史を感じますね。
何代にもわたって引き継がれてきたのでしょう。
それぞれの代の方の思いを感じますね。
Commented by tokimekiroman at 2008-05-05 22:44
■ironskyさん、こんばんは♪
普通に見かけるツツジは、高さが40~50センチぐらいのものですが、樹齢数百年ともなると、大きさも半端じゃないですね。
Commented by tokimekiroman at 2008-05-05 22:48
■風の旅人さん、こんばんは♪
今回、参加できなくて残念でしたね。次回はぜひ!
能登では、たいていの家の庭に大きなキリシマツツジがあることに驚きます。
この時期の「仏壇花」としても重宝しているようです。
栽培に手がかからないのも利点ですね。
Commented by tokimekiroman at 2008-05-05 22:52
■biwahamaさん、こんばんは♪
樹齢数百年という大きなキリシマツツジが多いです。
バス旅行は、わいわい騒ぎながら移動できるので、楽しいですね。
その土地のものを食べるのも楽しみの一つです。
Commented by tokimekiroman at 2008-05-05 22:53
■sakusaku_fukafukaさん、こんばんは♪
そうですね。
能登の家々の庭で、風雪に耐えて大きくなって来たものでしょうね。
Commented by くてくて at 2008-05-06 10:53 x
「のとキリシマツツジ」という品種なんですね。
赤の色が鮮やかですてきです。
しかし巨木はすごい。盆栽っていうんだろうか?
Commented by tokimekiroman at 2008-05-06 19:47
■ くてくて さん、こんばんは♪
はい、のとキリシマツツジというのは、「14世紀末に九州(鹿児島、宮崎)から能登に伝わったとされる園芸種」だそうですよ。
農家の庭先に多く栽培されてきたようですから、それを木の器に入れたのでしょう。
その大きさにびっくりです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 勇壮! 伴旗まつり・・・能登小木 高岡の万葉歴史館 >>