秋の長町武家屋敷跡
久しぶりに長町界隈を歩いてみました。
金沢の繁華街・香林坊から小路を入ると、そこが長町武家屋敷跡です。
d0043136_21592266.jpg


江戸時代、ここには平士と呼ばれる中位の藩士が多く屋敷を構えていたそうです。
d0043136_2241146.jpg


昔の武家屋敷は、屋敷の周囲に土塀をめぐらし、高禄の武士になると、長屋門、物見を備えていたそうです。ここには長屋門、物見が見られるので、高禄武士の屋敷だったようです。
d0043136_2281177.jpg


屋敷の土塀の上から柿の実がのぞいていました。
d0043136_22113597.jpg


時々、外国人観光客の姿も見かけます。
d0043136_22122944.jpg


土塀の町を川が流れる・・・。大野庄用水です。
d0043136_22144643.jpg


川沿いにある前田土佐守家資料館です。
d0043136_22185032.jpg

前田土佐守家は、加賀藩の藩祖・前田利家とその妻・まつの次男・利政を家祖とする家で、利政の長男・直之が3代藩主・利常に召し抱えられました。そして代々、1万石余りの禄高で、加賀八家の一つとして、藩の要職を歴任して来ました。
中に入ってみましたが、ここは残念ながら撮影禁止でした。
「加賀騒動」で大槻伝蔵とともに主役を演じた前田直躬は、ここの5代目です。

建物の外に、ちょうど椿の花が咲いていました。
d0043136_22312125.jpg

江戸末期、加賀藩士によって作られた「西王母」のようです。

長町散歩は続きます・・・。

PENTAX K100D
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
金沢 長町武家屋敷跡 前田土佐守家資料館
[PR]
by tokimekiroman | 2007-10-24 22:45
<< 金沢・長町武家屋敷跡 野村家跡 秋の大聖寺散歩(2) >>