金木犀の匂う道
秋になると思い出す花があります。それは、金木犀。
この季節、金沢の街では、どこからともなく、キンモクセイの匂いがただよって来るのです。
今年は、去年よりも10日ほど遅かったようですが・・・。

キンモクセイといえば、私は「金木犀の匂う道」という歌を思い出すのです。
1980年、もう26年も前になりますが、金沢市が「金沢市民憲章の歌」を一般から公募した時に作られたものです。
作詞したのは中田敏明さん、その詞にあの小椋佳さんが曲を付けました。唄は鈴木宏子さんでした。
あの頃は、あちこちで、この歌が流れていたものです。

♪手紙を書こう
 春が好きだという君へ
 この街の 金沢の街の
 ああ あんずの花と 詩の一行
 君へ 君へ

♪歩いてみたい
 秋が好きだという君と
 この街の 金沢の街の
 ああ 金木犀の匂う道
  君と 君と

金沢では、なぜか庭にキンモクセイを植えている家が多いような気がします。

城下町の面影を残す細い路地を歩いていると、キンモクセイの匂いが鼻腔を刺激し、あの歌の一節が頭の中で廻り出すのです・・・。

秋の晴れた日、金沢の路地を歩きながら、カメラでスケッチしました。

d0043136_19282064.jpg

金木犀



d0043136_192844100.jpg

キンモクセイの花



d0043136_1934093.jpg

路地を散歩する猫



d0043136_19345572.jpg

庭木には柿も多い



d0043136_192951.jpg

城下町金沢らしい細い道



d0043136_19302528.jpg

犀川と金沢の街



PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
金沢

こちらをクリックすると、メロディが流れます。
「ごんべ007の雑学村」さんのHPです。
「金木犀の匂う道」
[PR]
by tokimekiroman | 2006-10-19 20:02
<< 珠姫の寺・天徳院 暗がり坂のライトアップ >>