復元工事進む金沢城橋爪門
久しぶりのぽかぽか陽気に誘われて、金沢城に足を延ばしてみました。
こちら、復元工事が急ピッチの金沢城橋爪門です。工事のため、テントでおおわれています。

d0043136_18313149.jpg







……………………………………………………
金沢城の橋爪門は、石川門、河北門とともに、「金沢城三御門」と呼ばれていましたが、明治期の火災で惜しくも焼失してしまいました。
そこで、復元の第1次工事として、平成13年に「橋爪門続櫓」と「一の門」が菱櫓、五十間長屋とともに完成しました。
現在の工事は、第2次工事で、続櫓に接続する「二の門」と「枡形」の復元工事が進められています。
大きなテントの中が工事現場です。
d0043136_18393979.jpg


現場にある案内板に三御門の位置図が記されています。
d0043136_18404942.jpg


こちら、完成予想図。
d0043136_1841054.jpg


見学コースのスロープを上がって、工事現場をのぞいてみました。
d0043136_18443111.jpg


建物が出来上がり、屋根瓦も葺かれています。
d0043136_1843055.jpg


瓦には、梅鉢の紋が・・・。
d0043136_18431344.jpg


外に出て、戌亥櫓跡から橋爪門の工事現場をながめてみました。
d0043136_1845575.jpg


工事は、来年3月の北陸新幹線金沢開業に間に合うように進められているそうです。
完成が楽しみです。
[PR]
by tokimekiroman | 2014-03-29 18:50
<< 「四百年の森」で満開の桜を楽しむ うっすらと雪景色 和倉温泉 >>