「ほっ」と。キャンペーン
タグ:祭り・イベント2005 ( 13 ) タグの人気記事
金沢・犀川犀星まつり
秋の色が深まる金沢・犀川のほとり。
今年も犀川緑地で「金沢・犀川犀星まつり」が23日からきょうまで開かれています。
土曜日のきのう、自転車のペダルを踏んで、まつりの会場へ行ってみました。

金沢が生んだ文豪・室生犀星にちなんで始まった祭りだけに、舞台の上では、犀星の詩が篠笛に合わせて朗読されるという趣向もあり、川面を渡る風に吹かれながら、犀星の詩の世界に思いをはせるひとときでした。

d0043136_1334788.jpg

犀川犀星まつりの会場

d0043136_1434363.jpg

秋の一日を楽しむ人たち

d0043136_13343939.jpg

室生犀星の詩の朗読

d0043136_13351690.jpg

チアリーダーの演技

d0043136_1344063.jpg

踊り流し

d0043136_13354410.jpg

秋の犀川の流れ

PENTAX *ist Ds
SIGMA 18-50mm F3.5-5.6
SMC PENTAX-F 70-210mm/F4-5.6
[PR]
by tokimekiroman | 2005-09-25 14:05 | Trackback | Comments(0)
テレビ「風の盆」に酔う
TBS系全国ネットでテレビ番組「おわら風の盆~おわらは人の情け おわらは人の誇り~」が午後2時から放送されていました。
おわらを受け継いでいる八尾の11の町のうち、鏡町の人たちを中心に、三味線、胡弓の弾き手、踊り手、それぞれの人間模様を描きながら、伝統の風の盆を紹介する番組でした。
テレビにじっと見入りながら、9月3日に見た「風の盆」の興奮がよみがえってきました。

ここで、9月3日に撮影したものの中から未発表の写真を数枚アップします。

d0043136_1623166.jpg

テレビで紹介されていた鏡町の町流し(人が多くて、これ以上近寄れず、残念)

d0043136_1625620.jpg

西町の町流し

d0043136_163177.jpg

西町の町流し

PENTAX *ist Ds
SIGMA 18-50mm F3.5-5.6

優美な女踊り、力強い男踊りの映像がふんだんに入っていましたし、初めておわらを踊る若い女性の紹介も好感が持てました。
「八尾の人にとって、おわらは人生そのもの」という言葉が印象的で、また来年も行きたいなあと思わせる番組でした。
[PR]
by tokimekiroman | 2005-09-19 16:18 | Trackback | Comments(2)
金沢城で城壁弾き語り会
きのうは、兼六園で観月ミニコンサートを見たあと、金沢城公園に足を向けました。城壁弾き語り会を見るためです。
三の丸広場には、舞台が作られていて、尺八と琵琶の調べをバックにして、「平家物語」の朗読が行われていました。
五十間長屋の壁には、「平家物語」の絵巻が大きく映し出され、画像と音で、「平家物語」の世界へいざなう趣向です。

d0043136_12212266.jpg

城壁弾き語り会(金沢城公園)

d0043136_12221673.jpg

城壁弾き語り会

d0043136_12223035.jpg

五十間長屋の城壁に映し出される「平家物語」の世界

「中秋の名月鑑賞の夕べ」という訳なので、月はどこかと見ると、宵待月が石川門の上に、薄い雲とともに上がっていました。

d0043136_12234238.jpg

石川門の上の宵待月

d0043136_12484444.jpg

五十間長屋から見た会場

PENTAX *ist Ds
SIGMA 18-50mm F3.5-5.6
SMC PENTAX-F 70-210mm/F4-5.6
[PR]
by tokimekiroman | 2005-09-18 12:32 | Trackback | Comments(6)
兼六園で観月ミニコンサート
兼六園で行われた「観月ミニコンサート」に行って来ました。
きょう、あすの2日間、兼六園は夜間無料開放で、「中秋の名月鑑賞の夕べ」という催しがあるんです。
兼六園の霞ヶ池に浮かぶようにある内橋亭で尺八と薩摩琵琶が演奏され、それを霞ヶ池の岸から眺めるという格好になります。
池の周りに照明がないので、暗闇の多い写真になってしまいました。
けれど、尺八と薩摩琵琶の音色はとても幻想的な雰囲気をかもし出してくれました。
肝心の月が雲に隠れていて、ちょっと残念でした。

d0043136_22495475.jpg

霞ヶ池・内橋亭の観月ミニコンサート

d0043136_2250865.jpg

尺八と薩摩琵琶の音色が霞ヶ池に響く

d0043136_22502176.jpg

月は雲にさえぎられて、こんな感じ

d0043136_22504574.jpg

夕闇が迫る頃の兼六園・江戸町通り

PENTAX *ist Ds
SIGMA 18-50mm F3.5-5.6
SMC PENTAX-F 70-210mm/F4-5.6

金沢城公園の「城壁弾き語り会」の模様は、あすのお楽しみに♪
[PR]
by tokimekiroman | 2005-09-17 23:00 | Trackback | Comments(2)
「風の盆」の里・八尾(3)
いよいよ踊りの町流しが始まる7時になりました。
町流しは、諏訪町、鏡町、東町、西町、今町、天満町、上新町、下新町など11の町で、それぞれ行われるというので、まず諏訪町の町流しを見ようと思って待っていました。
ところが、なかなか始まる気配がないのです。
諏訪町の幅2間ほどの通りが人また人でぎっしり埋めつくされているのです。
「これじゃ、町流しに出れない」と話している声が聞こえてきたので、他の町へ行くことにしました。
運よく、東町の町流しに出会ったので、カメラを構えました。

d0043136_228786.jpg


d0043136_2250429.jpg


d0043136_22511419.jpg


d0043136_2291230.jpg

越中おわらのゆったりとした調べに合わせて舞う男踊り、女踊り・・・。それは、えもいわれぬ空気感といったものでした。
おわら風の盆は、9月1日から3日が本番で、3日間に20数万人が訪れるそうです。今年は3日が土曜日だったこともあり、もっと多かったかも知れません。

d0043136_2293490.jpg

午後9時頃だったでしょうか。踊り手の皆さんが休憩に入りました。
その様子をスナップ。

d0043136_23345525.jpg

ところが、町流しが再開されてまもなく、突然、激しい土砂降りに見舞われました。そこで、この日の踊りは中止となってしまいました。
残念というか、それとも半分見れただけでもよしとするか・・・。こうして、今年の「風の盆」はあっけなく幕が下りてしまいました。
八尾の人たちは、この3日間のために1年中、踊りや三味線、胡弓などの練習をするのだそうです。きっと八尾の人たちが一番残念だったことでしょう。
また来年の「風の盆」で・・・。
あたかも「風の盆恋歌」のストーリーのように、来年また「風の盆」の日に、と秘かに誓った私でした。

PENTAX *ist Ds
SIGMA 18-50mm F3.5-5.6

私のウェブサイト「日本美景大全」にもアップしましたので、ご覧下さい。

追記:9月19日(月・祝)の午後2時からTBS系全国ネットで「おわら風の盆」(チューリップテレビ制作)が放送されるそうです。
[PR]
by tokimekiroman | 2005-09-06 22:13 | Trackback | Comments(10)
「風の盆」の里・八尾(2)
八尾の町で一番山の手のほうにある諏訪町へ行ってみました。この諏訪町本通りは「日本の道百選」に選ばれているそうです。昔ながらの趣のある家並みがずっと続いています。江戸時代の宿場町のような雰囲気があります。
作家・高橋治の「風の盆恋歌」はここ八尾が舞台ですが、そんなことも思い浮かべながら歩いていると、時間がたつのも忘れそうになります。

d0043136_20552615.jpg

諏訪町本通り

d0043136_20555799.jpg

古い情緒ある家並み

d0043136_20563163.jpg

出番を待つ

d0043136_20572733.jpg

さあ、今宵もがんばらなくちゃ!

d0043136_2114499.jpg

たそがれ時の諏訪町
「風の盆」の踊りは午後7時から始まります。たそがれ時ともなると、多くの観光客が通りを歩き、踊り本番への期待はいやがおうにも高まってきます。

PENTAX *ist Ds
SIGMA 18-50mm F3.5-5.6

風の盆恋歌
高橋 治 / 新潮社
ISBN : 4101039119
[PR]
by tokimekiroman | 2005-09-05 21:06 | Trackback | Comments(8)
「風の盆」の里・八尾(1)
きのう、3日、「おわら風の盆」で知られる八尾へ行って来ました。きょうから何回かに分けてご紹介します。

金沢を車で出発、北陸自動車道を経由して、富山市八尾町の郊外にあるスポーツアリーナに着いたのが午後2時頃でした。所要時間は約1時間です。
ところが、ここと八尾の町を結ぶシャトルバスは午後5時にならないと出ないとのこと。
仕方なく、歩いて八尾の町に向かいました。20分ほどで到着、あちこちを見てまわりました。

d0043136_22114767.jpg

八尾の町を流れる井田川に架かる禅寺橋です。公募でデザインが選ばれたそうで、橋の欄干に「おわら風の盆」の踊り手が描かれています。

d0043136_2214455.jpg

井田川に沿って、石垣の町並みが続いています。

d0043136_22274545.jpg

禅寺橋

d0043136_22191460.jpg

八尾の町は高低差があり、坂道が多い町です。

d0043136_22213154.jpg

城ヶ山公園から見た八尾の町の眺めです。
城ヶ山は標高200メートルの小高い山で、今から600年以上前、ここに諏訪左近という武将が城を築いたことから城ヶ山と呼ばれているそうです。
下の町から頂上まで280段もの石段があり、上に着いた頃はかなりグロッキーでした。

夕方近くになると、だんだん観光客の姿も増え、町はにぎやかになってきました。

PENTAX *ist Ds
SIGMA 18-50mm F3.5-5.6
[PR]
by tokimekiroman | 2005-09-04 22:38 | Trackback(1) | Comments(4)
晩夏の「太鼓の響き」に酔う
きのうの夜、金沢城公園で開かれた「太鼓の響き」に行ってきました。
これは四季のイベント、「金沢城・兼六園四季物語」の一つで、今回は「夏物語」。
石川門をくぐって、三の丸広場に入ると、すでに大勢の人たちが芝生を埋めていました。

d0043136_191636100.jpg

イベントは、きのう、きょうの2夜連続、きのうの「第1章」は「和と洋の融合」というタイトルで、和太鼓とドラムの競演が行われました。
金沢城の五十間長屋を背景にして、太鼓やドラムの音が響き渡り、会場を埋めた多くの観衆を酔わせていました。

d0043136_1917243.jpg

金沢城をバックに・・・

d0043136_19173912.jpg

和太鼓とドラムの競演

d0043136_19175169.jpg


d0043136_19181715.jpg

ライトアップされた金沢城菱櫓
PENTAX *ist Ds
SIGMA 18-50mm F3.5-5.6  SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
[PR]
by tokimekiroman | 2005-08-27 19:37 | Trackback | Comments(8)
石川の夏まつり
きのう「石川の夏まつり」に行ってきました。
金沢の繁華街・片町から武蔵ヶ辻の間の国道が歩行者天国になって、イベントが展開されていました。

加賀藩の藩祖・前田利家が豊臣秀吉から拝領し、2代藩主・前田利長が高岡の町民に与えたといわれる高岡御車山(みくるまやま)が約400年ぶりに高岡(富山県)から里帰りして、市民の前に登場していました。国の重要有形民俗文化財だそうです。

d0043136_8552360.jpg


d0043136_8554391.jpg


d0043136_975012.jpg


今年で4回目のYOSAKOIソーラン踊りもみものの一つ。近くで見るYOSAKOIソーランは迫力満点、踊り手の熱気がこちらに伝わってきました。
それにしても、すごい人出でしたね。

d0043136_904563.jpg


d0043136_91023.jpg


d0043136_912154.jpg


d0043136_913717.jpg


PENTAX *ist Ds
SIGMA 18-50mm F3.5-5.6
[PR]
by tokimekiroman | 2005-08-14 09:03 | Trackback(1) | Comments(8)
盆踊り大会
地元の盆踊り大会へ見物に行ってきました。
金沢では、小学校の校下単位で、盆踊り大会が開かれます。
「校下」という言葉は金沢独特のようで、一般には「校区」と呼ばれるようです。
小学校のグランドへ行くと、昔懐かしい幼馴染と出会ったり。
「久しぶり」
「元気?」
年に一度の機会です。
盆踊りは幾つになっても楽しいものですね。

d0043136_21184453.jpg


d0043136_211931.jpg


d0043136_21191760.jpg


d0043136_21193712.jpg


PENTAX *ist Ds
SIGMA 18-50mm F3.5-5.6
[PR]
by tokimekiroman | 2005-08-07 21:21 | Trackback | Comments(6)