タグ:昆虫 ( 23 ) タグの人気記事
そばの花とミツバチ
河北潟干拓地のひまわり村を見たあと、友人Kさんの農場に立ち寄ってみました。
Kさんは、会社の同期。定年後、河北潟干拓地で農場を経営しています。
その営農面積は7000坪!大変なものです。

そば畑。
d0043136_22415851.jpg


早くもそばの花がちらほら咲きです。
d0043136_22441581.jpg


ミツバチも育てています。
d0043136_22425346.jpg


「蜂には何度も刺されたけど、もう免疫になった」と笑っていました。
d0043136_224591.jpg


ミツバチのアップ。
d0043136_22454118.jpg


ミツバチは今はひまわりの花の蜜を吸っていますが、
d0043136_2248351.jpg

これからはそばの花の蜜を吸うそうです。

d0043136_22483334.jpg


このほか、柿や梨など幾種類も栽培し、農業の多角経営をめざすKさん。男のロマンを実現しつつあるKさんに拍手を送ります。

PENTAX *ist Ds
PENTAX K100D
かほく市 河北潟干拓地
[PR]
by tokimekiroman | 2007-08-03 22:56 | Comments(12)
犀川の岸辺
きょうは、今にも降り出しそうな空模様でしたが、久しぶりに犀川の岸辺を桜橋から上流の下菊橋、さらに上菊橋の方向へと歩いてみました。
水の流れ、水鳥の群れ、コスモスの花、花にとまるチョウ・・・
川を渡る風は清々しく、久しぶりにゆったりとした気持ちになれました。

d0043136_23751100.jpg

犀川の流れ


d0043136_2320467.jpg

カモが泳ぐ


d0043136_225202.jpg

コスモスの花


d0043136_22521615.jpg


d0043136_22523799.jpg

下菊橋


d0043136_22531128.jpg

ツマグロヒョウモン


d0043136_2253362.jpg

ヤマトシジミ

yoas23さん に教えていただきました。10月6日・追記。

d0043136_22535095.jpg

上菊橋


d0043136_22541793.jpg

アオサギ


犀川の桜橋の上流には、上、下の菊橋が架かっています。犀川の雅名は「菊水川」だとか。そういえば、このあたりは菊川町と呼ばれています。なぜか、菊に縁のある名前が多いですね。

※ 犀川の上流、内川ダムのあたりに「菊水町」という町があり、内川小学校の「菊水分校」もありました(昭和48年に廃町、廃校になっています)。「菊水川」の名は、そこから来ているのかも知れません。10月7日・追記。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
金沢・犀川
[PR]
by tokimekiroman | 2006-10-05 22:55 | Comments(22)
蕎麦の花に蝶
白山ろくの旧鳥越村の蕎麦畑・・・。
白いそばの花のまわりを群れ飛ぶ蝶・・・。アゲハチョウの仲間やシロチョウの仲間でしょうか。
d0043136_0454191.jpg

アカタテハ

yoasさんに教えていただきました。9月20日・追記。

d0043136_2330623.jpg

キアゲハ



d0043136_23303032.jpg

モンシロチョウ



近くの田んぼでは、前日の雨のせいか、稲の葉っぱに残る水滴・・・。
d0043136_23325979.jpg



かと思うと、すぐ隣では、稲刈りが終わって、もみ殻を焼く煙が立ちのぼり・・・。
d0043136_2334236.jpg



田んぼのあぜには、ひっそりと小さな赤い花が・・・。
d0043136_23362587.jpg



「一向一揆、最後の砦」といわれる旧鳥越村・・・。
そんな歴史を秘めた村の初秋の風景です。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED
白山市(旧鳥越村)
[PR]
by tokimekiroman | 2006-09-19 23:44 | Comments(22)
バッタの脱皮・アメリカフヨウ
けさの金沢は、雷鳴が轟き、激しい雷雨となりましたが、日中はまた猛暑に逆戻りです。

先日の朝早く、妻に起こされて庭に出て見ると、バラの葉っぱでバッタが脱皮をしているところでした。
あわてて、カメラを持って戻ってみると、残念、脱皮が終わったところ。

d0043136_22272252.jpg

脱皮したばかりのバッタ

左に抜け殻が見えます。
ネットで調べると、ショウリョウバッタの脱皮シーンがいくつかアップされており、珍しくはないかも知れませんが・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
話はかわって・・・。
先日、手取峡谷に行った折り、畑の中に、ちょっと考えられない大きさの花を見つけて、車を止めました。
畑の人に聞くと、「芙蓉」とのこと。帰って、図鑑などで調べると、「アメリカフヨウ」と分かりました。
北アメリカ原産のアオイ科の多年草で、花の直径がなんと25センチぐらいもあります。

d0043136_224351.jpg

アメリカフヨウ(紅色)


d0043136_22434851.jpg

アメリカフヨウ(白色)

アメリカ芙蓉は、ハイビスカスの仲間だそうです。

こちらは、ハナシノブ科のフロックス・パニキュラータ。オイランソウ、クサキョウチクトウとも言うそうです。
こちらも北アメリカ原産です。

d0043136_22462655.jpg

フロックス・パニキュラータ(赤紫色)


d0043136_22471637.jpg

フロックス・パニキュラータ(白色)


PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
白山市(旧鳥越村)
[PR]
by tokimekiroman | 2006-08-22 22:51 | Comments(22)
春の内川上流(2)
内川上流の続きです。

d0043136_10512141.jpg



d0043136_10515480.jpg

タニウツギに新緑



d0043136_10522180.jpg



花を撮りながら歩いていくと・・・

d0043136_10539100.jpg

谷川の水が流れている道に、チョウが・・・。
カラスアゲハのようです。


d0043136_10542248.jpg

カラスアゲハは、集団で吸水する特性があるようです。
初めて見る光景でした!


d0043136_119321.jpg


PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F 70-210mm/F4-5.6
SMCP FA J 75-300mm/F4.5-5.8
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
金沢・内川上流
[PR]
by tokimekiroman | 2006-05-27 11:00 | Comments(6)
カタクリにギフチョウ~平栗(1)
カタクリの里・平栗にまた行って来ました。
今年に入って3回目です。
カタクリの状態はというと、4月4日はつぼみ、4月13日は花が半開きの状態。
で、今回は「3度目の正直」といくかどうか・・・。

行ってみると、群生地は、カタクリの花が全開状態!
この花びらが反り返る優美な姿がなんとも言えません!

d0043136_205121100.jpg

カタクリ群生地

d0043136_20514325.jpg

イナバウアー! 荒川静香選手にはかないませんが・・・

d0043136_20523373.jpg

ギフチョウを発見! けど、枯葉の上・・・・
カタクリにギフチョウが止まっていないかと、ぐるぐる歩きながら探す・・・。

と、ついに出会いました!!

d0043136_2054499.jpg

カタクリに止まるギフチョウ!

d0043136_2055018.jpg


d0043136_2055131.jpg


「スプリング・エフェメラル」=「春のはかなきもの」という言葉があり、カタクリもギフチョウもそう呼ばれています。
はかない命を輝いて生きるものたちの春のハーモニーのようでした。

その他の花たちは次回に・・・。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
SMCP FA J 75-300mm/F4.5-5.8
金沢・平栗いこいの森
[PR]
by tokimekiroman | 2006-04-19 21:00 | Comments(32)
スジグロカバマダラ~ふれあい昆虫館(4)
きょうは、ガラリと変わって、暖かい温室の中の蝶をアップします。
今回の蝶シリーズは、これでおしまいです。

d0043136_22465487.jpg

スジグロカバマダラ(マダラチョウ科)
分布:宮古諸島、八重山諸島。

d0043136_22473027.jpg

翅に黒いスジがあり、オレンジ色をした派手なチョウです。

d0043136_22481211.jpg

この派手な色彩は、体に毒を持っていることを知らせるためだそうです。

d0043136_22482738.jpg

ふれあい昆虫館には、たくさんの珍しいチョウがいますので、お勧めですよ。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
石川県ふれあい昆虫館(白山市)
[PR]
by tokimekiroman | 2006-03-17 22:59 | Comments(16)
シロオビアゲハ~ふれあい昆虫館(3)
再び、蝶シリーズです。3回目はシロオビアゲハ。
黒い翅に白い斑点が帯状に連なっています。

d0043136_21172072.jpg

シロオビアゲハ(アゲハチョウ科)
分布:奄美諸島以南。
明るいところが好きで、ハイビスカス、ランタナなどの花を活発に飛び回るようです。

d0043136_21175757.jpg


d0043136_21181655.jpg


d0043136_2118407.jpg


PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
石川県ふれあい昆虫館(白山市)
[PR]
by tokimekiroman | 2006-03-12 21:21 | Comments(10)
オオゴマダラ~ふれあい昆虫館(2)
きょうは、暖かい1日でした。金沢駅の東広場では鼓門の近くで、雪吊り外しが始まりました。
だんだん春が近づいています。

蝶シリーズ、2回目は「オオゴマダラ」です。1998年の夏、皇太子ご夫妻がここをご訪問した際、雅子様の頭に蝶が止まるというハプニングがあり、話題になりました。
その蝶がこのオオゴマダラだったのです。

d0043136_20313629.jpg

オオゴマダラ(マダラチョウ科)
分布:喜界島、与論島、沖縄諸島以南。
樹林の中をゆるやかに飛びます。
翅を広げた時の幅は、13cmぐらいで、日本で見られるチョウの中で最も大きいものの一つだそうです。

d0043136_20321989.jpg


d0043136_20325544.jpg


d0043136_20334611.jpg


PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
石川県ふれあい昆虫館(白山市)
[PR]
by tokimekiroman | 2006-03-08 20:40 | Comments(8)
リュウキュウアサギマダラ~ふれあい昆虫館(1)
まだ雪の中にあった白峰からの帰り、ふれあい昆虫館に立ち寄ってみました。
外は10度前後なのに、昆虫館の中は20度以上あり、「常夏の楽園」といったところです。
「チョウの園」には、きょうアップするリュウキュウアサギマダラなど約10種類、ざっと800匹の蝶が舞っています。

d0043136_2161710.jpg

リュウキュウアサギマダラ(マダラチョウ科)
分布:トカラ列島以南の南西諸島。
翅に淡くて青い模様があります。明るいところが好きで、ふわふわと緩やかに飛ぶそうです。

d0043136_2171023.jpg


d0043136_2173666.jpg


d0043136_211447100.jpg


気温が低い外から急に温室に入ったため、レンズがくもってしまい、回復するのに20分ほどもかかってしまいました。レンズに気温の急変は禁物ですね。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
石川県ふれあい昆虫館(白山市)
[PR]
by tokimekiroman | 2006-03-07 21:15 | Comments(14)