タグ:加賀エリア ( 46 ) タグの人気記事
コスモスの花咲く頃
まだ「おわら風の盆」の余韻がさめやらぬみたいで、頭がぼーっと・・・(笑)。

きょうは、雨模様。
気温も25度ぐらいで、長袖を着ないと寒い感じ・・・。
あの連日最高気温30度以上もあった日々がうそのようです。

先日の日曜日。
金沢の郊外へ車を走らせると、すっかり秋の装い。
コスモスの花が初秋の風に揺れていました・・・。

d0043136_2238621.jpg


d0043136_23185191.jpg


エノコログサも色づいて・・・
d0043136_22392370.jpg


きょうのニュースは、なんといっても「紀子さま男子ご出産」ですね。
おめでとうございます!

皇位継承順位が3位で、論議されていた皇室典範の改正問題は当分の間、棚上げになるようです。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
白山市・松任CCZ花園
[PR]
by tokimekiroman | 2006-09-06 22:56 | Comments(28)
白萩の寺・実性院・・・加賀
加賀市大聖寺の町の山ノ下寺院群にある曹洞宗の実性院に立ち寄りました。

大聖寺藩の歴代藩主の菩提寺で、「白萩の寺」とも呼ばれています。
私が訪れた日(21日)は、萩の花が咲きはじめたばかりでした。見ごろは9月上旬になるようです。

d0043136_21224830.jpg

白萩の花


d0043136_21231430.jpg


d0043136_21234438.jpg

石仏


d0043136_2125323.jpg

裏の庭


d0043136_21254539.jpg


d0043136_2126060.jpg

白寿観音


お寺の裏手に行くと、前田利治(加賀藩3代藩主・前田利常の3男)を初代とする大聖寺藩十万石の歴代藩主の墓がありました。
ちなみに、お寺の名前は、前田利治の法号が「実性院」であることから名付けられたそうです。
d0043136_21262942.jpg

大聖寺藩主・前田家の墓所


d0043136_21271724.jpg

実性院


ところで、あすは、八尾のおわら風の盆に行ってきます。
去年は、9月3日に行ったんですが、途中、雨で中止となってしまいました。
今年は、雨になりませんように・・・。

去年の「風の盆」の写真はこちら。
「風の盆」の里・八尾

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
加賀市大聖寺・実性院
[PR]
by tokimekiroman | 2006-08-31 21:43 | Comments(18)
全昌寺の秋海棠(しゅうかいどう)・・・加賀
大聖寺の町を通る旧北国街道から少し入ったところに全昌寺という曹洞宗のお寺があります。
秋海棠(しゅうかいどう)の花で知られているので、立ち寄ってみました。
全昌寺は、大聖寺城の城主だった山口玄蕃の菩提寺です。

d0043136_1013615.jpg

全昌寺


お寺の裏の庭園には、ちょうど、シュウカイドウの可愛い花がいっぱい咲いていました。

d0043136_1022136.jpg

シュウカイドウ(秋海棠)

シュウカイドウ科ベゴニア属の花で、晩夏から秋にかけて咲くのだそうです。

d0043136_1024236.jpg


d0043136_103412.jpg


d0043136_1032429.jpg


ここには、五百羅漢があるというので、拝観しました。
江戸時代末期の慶応3年(1867年)に完成したものだそうです。

d0043136_1034973.jpg


d0043136_104787.jpg


お寺の一角に芭蕉の句碑があります。
元禄2年(1689年)、俳人・松尾芭蕉が「おくの細道」の旅の途中、曽良とともに、この全昌寺に宿泊しているのです。

d0043136_1043120.jpg

芭蕉の句碑


   庭掃いて 出でばや寺に 散る柳    芭蕉

芭蕉が金沢や山中温泉に宿泊したことはよく知られていますが、大聖寺での足跡を知ることができて、嬉しい気持ちでした。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
加賀市大聖寺・全昌寺
[PR]
by tokimekiroman | 2006-08-30 00:07 | Comments(28)
錦城山(大聖寺城址)・・・加賀市
先日、片山津温泉の花火を見に行った折り、北陸自動車道の加賀ICを下りてから、大聖寺の町に立ち寄ってみました。
ここは、藩政時代は加賀百万石の前田氏の支藩、大聖寺藩(10万石)の城下町です。

かつて大聖寺城があった錦城山(標高約67m)に登ってみました。あまり人が登った形跡はなく、夏草が生い茂った道が続いています。

d0043136_20511438.jpg

夏草が茂る山道


d0043136_2051293.jpg


慶長5年(1600年)、あの関ヶ原の合戦の折り、徳川方についた前田利長が大聖寺城に立て籠もる豊臣方の山口玄蕃を打ち破り、山口父子は討ち死にしました。

d0043136_20514595.jpg

大聖寺城本丸跡


その後、前田利長は大聖寺城に城代を置いていましたが、元和元年(1615年)、幕府の「一国一城令」により廃城となってしまいました。

そして、藩政時代は、「お止め山」として、一般の人の入山が禁止され、その結果、鹿や猪も生息する自然の山に戻ったということです。

d0043136_20522248.jpg

自然が残る錦城山


d0043136_20523427.jpg


ところで、大聖寺といえば、あの「日本百名山」で知られる深田久弥が生まれた町。
錦城山のすぐ近くに久弥の生家があります。

「私のふるさとの山は白山であった。白山は生家の二階からも、小学校の門からも、鮒釣りの川辺からも、泳ぎに行く海岸の砂丘からも、つまり私の故郷の町のどこからでも見えた。真正面に気高く美しく見えた。・・・」

「日本百名山」の「白山」の章に久弥はこう書いています。

私は、<少年時代の久弥は、きっとこの錦城山に登ったに違いない。もしかすると、この小さな山が久弥の山行の最初だったのかも知れない>と思いながら、夏草が茂る山道を踏みしめて登ったのでした。

「百名山」ファンなら、「深田久弥山の文化館」をのぞいてみても面白いでしょう。

「深田久弥 山の文化館」

追記:この日は、白山の姿が撮れませんでした。
それで、昨年の秋、赤兎山から見た白山をご紹介します。

「赤兎山登山道を歩く」

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
加賀市・錦城山(大聖寺城址)
[PR]
by tokimekiroman | 2006-08-28 21:41 | Comments(18)
漁港の夕日
先日アップした「橋立漁港・夕景」の続きです。

陽がだんだん落ちるにつれ、空が赤く染まって来ました。
ねぐらへ帰る鳥の群れも・・・。
この日は、雲にさえぎられることなく、真ん丸い夕日が日本海に沈んで行きました。
ただ、最後は、消波ブロックのかげに・・・。

d0043136_22362084.jpg


d0043136_22363741.jpg


d0043136_22365249.jpg


d0043136_22443075.jpg


PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED
SMC PENTAX-F 70-210mm/F4-5.6
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
加賀市・橋立漁港
[PR]
by tokimekiroman | 2006-08-26 22:55 | Comments(26)
橋立漁港・夕景
きょうは「処暑」。暦の上では「暑さやわらぐ」というのですが、相変わらず最高気温30度以上の暑い一日。
金沢では、これで24日連続の真夏日です。

片山津温泉花火の日、夜9時の花火開始まで時間があったので、近くの橋立漁港に行ってみました。

かつて(江戸時代)、出入りする北前船で賑わいをみせた橋立港は、今、イカ、底曳き、カニ漁などの県内有数の漁港となっています。

d0043136_23225942.jpg

釣り人



d0043136_23234220.jpg

網を繕う



d0043136_23251521.jpg

出漁を待つ漁船



d0043136_232628.jpg

漁に出る漁船


静かな港を見回すと、釣り糸を垂れる人、出漁を前に網の繕いをする人の姿がありました。

そして、夕日が落ちる頃、1隻の漁船がエンジン音を響かせながら、港を出て行きました。朝方までの操業に出かけたのです。
この日は、豊漁だったでしょうか。

そういえば、9月1日は、底曳き網漁の解禁です。もうすぐ美味しいカレイ、タイ、甘エビなどが店頭に並ぶことでしょう。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F 70-210mm/F4-5.6
加賀市・橋立漁港
[PR]
by tokimekiroman | 2006-08-23 23:35 | Comments(32)
片山津温泉の花火
片山津温泉で開かれた花火大会に行って来ました。
柴山潟に船を浮かべ、そこから打ち上げる花火です。
潟のそばには、大勢の観衆が詰めかけ、行く夏を惜しむかのように、花火を楽しんでいました。
この夏の花火は、これでおしまいです・・・。

d0043136_0281260.jpg

柴山潟と片山津温泉


d0043136_23543788.jpg


d0043136_2355215.jpg


d0043136_2355516.jpg




d0043136_0225886.jpg


d0043136_23563460.jpg


d0043136_23571650.jpg


今回もバルブ露出にしておいて、黒い厚紙で何回か露光しましたが、どんなふうに上がるかは、運まかせ。
多重露出ができないデジタル一眼の場合、フィルム一眼よりもハードルが高いのかなと思ったりもします。
撮った中から、ちょっと面白いかなというのをアップしました。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
加賀市・柴山潟・片山津温泉
[PR]
by tokimekiroman | 2006-08-21 23:57 | Comments(21)
夏の木ノ窪大滝・・・津幡町
きょうの金沢は、最高気温が36.5度!この夏最高を記録してしまいました。

この時期、「涼を求めて」という企画が多いですが、「涼」ならば「滝」でしょう!と、単純な発想で、行ってみました。

津幡町の山間部にある木ノ窪大滝です。富山県との県境にあり、間違って直進すると、富山県に入ります。私は間違って、富山県に一歩入ってしまいました。

滝の落差は、約15メートル。勢いよく水が落ちていました。
d0043136_2141331.jpg


d0043136_21412330.jpg

木ノ窪大滝


きょうは土曜日。夏休み中の子どもとお父さん、お母さんの姿が目立っていました。
d0043136_21414182.jpg


d0043136_21421316.jpg


子どもは、川遊びが好きですね!子どもの頃を思い出します。
d0043136_21422620.jpg


d0043136_21424399.jpg


ここでは、「流しそうめん」もやっていますが、大変な人気!
順番待ちの列ができており、私と妻は、「流し」ではないそうめんと岩魚の塩焼きを食しました。
d0043136_238961.jpg

d0043136_2382177.jpg

滝を目の前に見ながら、食すそうめんは、また格別ですね!

木の窪大滝の「流しそうめん」、8月31日まで営業しているそうです。

「PENTAX PEOPLE」の月例フォト企画「涼」にTBします♪

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
津幡町・木ノ窪大滝
[PR]
by tokimekiroman | 2006-08-19 22:27 | Comments(26)
おにゆりの里~白山市
毎日、暑い日が続きますね。

白山市の「おにゆりの里」に行ってきました。
金沢から日本海に沿った「しおさいロード」を行くと、白山市に入ってすぐ、左手に「おにゆりの里」があります。
丘の上に鬼百合が群生しています。ちょうど見ごろです。

d0043136_1674087.jpg

オニユリ


d0043136_1681186.jpg


d0043136_1682426.jpg


d0043136_1684543.jpg


オニユリが一斉に咲いている風景はみごとなものでした。
ここは、8月いっぱいオニユリが楽しめるそうです。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
白山市八田町・おにゆりの里
[PR]
by tokimekiroman | 2006-08-05 16:12 | Comments(4)
水辺の風景~木場潟
先日、木場潟のほとりをウォーキング。
梅雨入り前で、歩いていると汗ばむくらい。
けれど、太陽のもと、汗を流すって、もやもやが吹っ切れる感じで、気持ちいいですね。

小鳥がさえずり・・・
d0043136_20472214.jpg



風が舞い・・・
d0043136_20481646.jpg



風がうたう・・・。
d0043136_20493372.jpg



そして大地が語りかけ・・・
d0043136_20522389.jpg



水がささやく・・・。
「もっと自分らしく・・・」と。
d0043136_20562153.jpg



とりとめもなく、そんな妄想を心に浮かべながら、水辺の道を歩く私でした♪

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
小松・木場潟
[PR]
by tokimekiroman | 2006-06-16 21:20 | Comments(10)