<   2007年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
大野灯台からの眺め
金沢大野こまちなみフェスタの日。
これに合わせて、大野灯台が一般に公開されていました。
めったにない機会なので、上まで上がってみることに・・・。

d0043136_21481846.jpg

大野灯台


大野灯台は、海から光までの高さが34.3m。光が届く距離は16.5海里(約30km)です。

d0043136_21524179.jpg

レンズは120センチビーコン


かなり急な階段を息を切らせながら上がり、ようやく一番上に到着。
光源の明るさは、97万カンデラ。この大きなレンズで光を集め、強い光にして、遠くまで届くようにしているそうです。
10秒ごとにピカッと光り、夜でも遠くの船から大野灯台だと分かるのだそうです。

「日本の灯台50選」の一つ、大野灯台の上からの眺めです。
d0043136_2156899.jpg

日本海の方角


d0043136_2156416.jpg

金沢港の方角


d0043136_21571446.jpg

金沢中心部の方角


金沢海上保安部職員の方の話では、この灯台も無人で、金沢港にある金沢海上保安部にいて、カメラの画像を監視しているのだそうです。
そういえば、以前に訪れた舳倉島灯台では職員が交代で泊り込みで勤務していたものですが、今では無人化されています。

映画「喜びも悲しみも幾年月」で一躍脚光を浴びた灯台守は、今や遠い昔のことになってしまったようです・・・。

PENTAX K100D
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
金沢・大野灯台

大野灯台からの映像 はこちらです。
[PR]
by tokimekiroman | 2007-09-28 22:08 | Comments(24)
中秋の名月
きのうは中秋の名月。
天候が心配されましたが、時々、雲の合間から顔を見せてくれました。
犀川のほとりに行き、中秋の名月をねらってみました。

ワイド系レンズでコスモスを入れてみる。ちっさい月!
d0043136_21164923.jpg


橋を入れてみる。
d0043136_2118215.jpg


タテ位置で・・・。車の流れも入れてみる。
d0043136_21192612.jpg


300mmレンズに交換して・・・トリミング・・・。
d0043136_2120333.jpg


再び、橋を入れて・・・。
d0043136_21205836.jpg


サッカー場の上に上がる中秋の名月
d0043136_21321938.jpg


PENTAX K100D
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED
金沢・中秋の名月

おととしの 中秋の名月 はこちら。
[PR]
by tokimekiroman | 2007-09-26 21:26 | Comments(30)
大野弁吉とからくり人形
前回紹介した大野の町。
d0043136_22252656.jpg


こまちなみが今に残る醤油の町でもありますが、大野弁吉というからくり師が住んでいた町でもあるのです。
d0043136_22272869.jpg

この写真、大野弁吉が手製の写真機で自分自身を撮影したともいわれています。
弁吉は、江戸末期の享和元年(1801年)、京都に生まれ、20歳の頃、長崎に遊学、医術、理化学、天文、航海術などを学び、京都に帰り、中村屋うたの婿となり、中村屋弁吉と名乗りました。
その後、天保2年(1831年)頃、妻うたの郷里・加賀の国大野村(現・金沢市大野町)に移り、明治3年(1870年)、ここで生涯を閉じました。
発明家の弁吉は、ぜんまい仕掛けのからくり人形や玩具のほか、鉱山開発や汽船の研究、写真術、遠眼鏡、エレキテル、象牙などの細工彫刻、製薬法、西洋医術などに数多くの功績を残し、「加賀の平賀源内」といわれたそうです(大野町文化財保存会「からくり師 大野弁吉」)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大野の町の一角にある粟森家(「カンチョウ醤油」の醸造元)で、「からくりの実演」があるというので、のぞいてみました。
d0043136_22492716.jpg

家の中には大勢の人が詰めかけ、これから実演が始まろうとするところでした。
d0043136_22513974.jpg

実演するのは、埼玉県在住で、からくり人形工房「スタジオぎえもん」主宰の半屋春光さん。

こちらは、今ではすっかり有名になった「茶運び人形」です。
d0043136_22571573.jpg


お盆の上の茶器を持ち上げると止まり、載せると向きを変えて帰っていくというものです。
d0043136_2342224.jpg

ぜんまいが動力になっていて、ぜんまいには、鯨のひげが使われているそうです。

こちらは「段がえり人形」。
d0043136_2372530.jpg

人形の中に水銀が入っていて、重心の変化で、でんぐり返るように階段を下りていく仕組みです。
d0043136_2384879.jpg


こちらは、当時では珍しい扇風機。
d0043136_2393798.jpg

当時は「涼風車」といったそうです。
d0043136_23105652.jpg

「涼風車」の箱の横を開けてみると、そこには軸を手で回している可愛い童子がいるのです!
遊び心あふれた精巧な仕掛けに驚きました。

d0043136_23154374.jpg

実演が終わったあとも不思議そうに箱を眺める人たちです・・・。

d0043136_2317424.jpg

からくり人形を見て、その精巧な仕掛けに感心しながら外に出て、空を見上げると、そこには、鯨のような雲が・・・!

PENTAX K100D
SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
金沢大野こまちなみフェスタ

ブログランキングに参加中です!
応援してね♪
クリックはこちら!おかげさまで、今・・・位。

芸術・文学/写真



「旅・民族/国内旅行」部門

[PR]
by tokimekiroman | 2007-09-24 23:21 | Comments(22)
金沢大野こまちなみを行く
先日、「金沢大野こまちなみフェスタ」に行って来ました。
大野は、日本海に面した港町。その昔、北前船の回船業で栄え、のち醤油造りの町としても有名になりました。最近の話題では、映画「しあわせのかおり」のロケ地となった町です。

d0043136_2333866.jpg


ここには、今も昔ながらの古い町並みが残されていて、・・・
d0043136_236244.jpg


フェスタに合わせて、「こまちなみ保存建造物」12棟が公開されていました。
d0043136_2327172.jpg


d0043136_238316.jpg


回船業で栄えた頃を彷彿とさせる建物の内部です。
d0043136_2395184.jpg


d0043136_231087.jpg


d0043136_23103513.jpg


昔の大福帳や北前船の資料など「我が家のお宝」が公開されていました。
d0043136_23125496.jpg


古民家の一つでは、シンガーソングライター つばさのミニコンサートも・・・。
d0043136_23163782.jpg


歴史を感じさせる醤油醸造の建物。
「大野の醤油」は、甘口で、調理の際、砂糖を入れなくてもいいくらい、と料理の先生が話していました。
d0043136_23175795.jpg


この中で、名物「醤油ソフトクリーム」を賞味しました。
d0043136_23184624.jpg

ほのかに、醤油の味がして、とっても美味しいのです。

d0043136_2327433.jpg

時代をタイムスリップしたような感覚が味わえる不思議な町。金沢には、こんなところもあるのですよ。

PENTAX K100D
SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
金沢大野こまちなみフェスタ
[PR]
by tokimekiroman | 2007-09-21 23:27 | Comments(30)
スカイスポーツの町 鶴来
鶴来のキャッチフレーズは「歴史とスカイスポーツの町」。
獅子吼高原は、日本海から吹く風で、上昇気流が発生するそうで、パラグライダーファンに人気があります。
d0043136_18144198.jpg


この日も大空高く、パラグライダーが飛んでいました。
d0043136_17484542.jpg


上から見ると、地上の人は米粒のように見えるんだろうなぁ・・・。
d0043136_18155828.jpg


樹木公園から山道にちょっと入ると、・・・
d0043136_20504126.jpg

銀杏


d0043136_20512823.jpg

胡桃


d0043136_20521842.jpg

ミズヒキ


d0043136_20524722.jpg

キンミズヒキ


d0043136_2053271.jpg

ブッドレヤと蝶


近くに小さな岩魚の店がありました。
d0043136_20551890.jpg


こんな岩魚の塩焼きを食べました。
d0043136_20555525.jpg

「頭から尻尾まで食べれますよ」と言われて、・・・頭の骨もやわらかくて、全部おいしく頂きました。

d0043136_20565993.jpg

真っ青な空・・・。少し暑かったものの、秋の風を肌に感じて、ゆったりとしたひとときを過ごしました。

PENTAX K100D
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED
白山市鶴来(旧鶴来町)
[PR]
by tokimekiroman | 2007-09-19 21:02 | Comments(30)
初秋の樹木公園
白山市鶴来(旧鶴来町)の石川県樹木公園に行ってみました。
こちらは、白山連峰のふもとにあり、標高が平地よりやや高いせいか、一足早く秋の気配が感じられます。

入口付近にあるカツラの木はもう色づき始めています。
d0043136_2101422.jpg


d0043136_20532858.jpg

カツラの紅葉


桜の木もこんなふう。
d0043136_2054587.jpg

桜の紅葉


大きな栃の木の高いところに実がなっています。
d0043136_20545687.jpg

トチの実



こちらは桜の木なのにカエデの葉っぱが・・・。種子が鳥に運ばれて、根付いたのでしょうか?
d0043136_20553392.jpg

桜の幹にカエデの葉(?)


ヤマボウシの木がありました。奥卯辰山で見たヤマボウシより実が赤くなっています。
d0043136_2056543.jpg

ヤマボウシの実が赤く・・・


d0043136_20572427.jpg

赤い実をてのひらに・・・


d0043136_20581833.jpg

中を割ってみると・・・


試しに、一つ、食べてみました。口の中にほのかに甘い香りが漂います。
でも、妻にはあまり好評ではなかったようです。

d0043136_20593658.jpg


この季節、園内には家族連れの姿がちらほら。ゆっくりと園内を散策しました。

PENTAX K100D
PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED
SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
白山市鶴来(旧鶴来町) 石川県樹木公園
[PR]
by tokimekiroman | 2007-09-17 21:01 | Comments(20)
初秋の鶴来界隈
久しぶりに鶴来界隈へドライブです。
白山市の旧鶴来町は、白山を源流とする手取川が形成した手取川扇状地の扇の要にあたるところ。
平地より標高がやや高いこともあって、吹き抜ける風にも秋の気配が感じられました。

d0043136_1944567.jpg

ススキ


d0043136_19455633.jpg

オミナエシ(女郎花)


花から花へ、軽やかに飛び回る蝶も・・・。
d0043136_19502993.jpg

ヒャクニチソウ(百日草)にアゲハ


d0043136_1952873.jpg

ヒャクニチソウ(百日草)にツマグロヒョウモン(?)

蝶の名前はむずかしっす・・・(汗・・・)
追記: yoas23さんによると、ツマグロヒョウモンで正解でした。yoas23さん、ありがとうございました。(9月17日)

d0043136_2017154.jpg

センニチコウ(千日紅)


d0043136_20174880.jpg


d0043136_20224713.jpg

コムラサキ


おっきい・・・
d0043136_203052.jpg

トウガン


いろいろと忙しく、取材もままならぬ日々でしたが、ようやく少しストックが・・・(笑)
次回は樹木公園の中を・・・。

PENTAX K100D
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED
SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
白山市(旧鶴来町)
[PR]
by tokimekiroman | 2007-09-15 19:47 | Comments(26)
やまぼうしの実 初秋の奥卯辰山
小さい秋を見つけに、奥卯辰山を歩いてみました。

オレンジ色の実をいっぱいつけている木がありました。
近づいてよく見ると、やまぼうし(山法師)です。
d0043136_21344197.jpg


ヤマボウシは、ウィキペディアを見ると「果肉はやわらかく、黄色からオレンジ色であり、マンゴーのような甘さがある。・・・果実酒にも適する」とあります。
「食べてみれば、よかった・・・」
d0043136_21364759.jpg


木の下に、オレンジ色の実がたくさん落ちていました。
d0043136_21375131.jpg



少し行くと、サルスベリ(百日紅)の花がいっぱい。
d0043136_21392662.jpg


さるすべりは、花期が7月から9月ですから、もうそろそろ終わりごろでしょうか。
d0043136_21394765.jpg


逝く夏を惜しむ・・・(せみ)
d0043136_21404662.jpg


イグチ(アミタケ)・・・キノコ
松の根元に生えていました。食べられるようです。
d0043136_21413974.jpg


この葉も、まもなく赤く染まるのでしょう・・・
d0043136_21474696.jpg


こんな道が続く・・・
d0043136_21431285.jpg


秋のきざしがそこかしこに見える初秋の奥卯辰山でした。

PENTAX K100D
SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED
金沢 奥卯辰山健民公園
[PR]
by tokimekiroman | 2007-09-05 21:45 | Comments(38)
初秋の奥卯辰山 こぶしの実色づく
異常に暑い日が続いた8月が終わり、ほっとするこの頃です。
久しぶりに金沢の山、奥卯辰山に行ってみました。
駐車場に車を止め、ふと見ると、やはり9月なんですね~。木々の色づいた葉っぱがありました。
d0043136_22141635.jpg


その近くには、赤い実が・・・。
薄い袋状のものに包まれたコブシ(辛夷)の実が赤く色づいてきています。
d0043136_22133951.jpg


こぶしの実が真っ赤になるのもそう遠くはなさそうです。こぶしの花は、香りがあり、実には辛味があるそうです。
d0043136_2218381.jpg



ナナカマドの木は、まだ青い実をつけたままです。
d0043136_2215584.jpg


けれど、色づき始めた葉っぱが数枚見られました。こちらもこれから秋が深まるにつれて、その色を濃くしていくことでしょうね。
d0043136_2248914.jpg



初秋のきざしが見え始めた山々の自然です。
d0043136_22143320.jpg


PENTAX K100D
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED
金沢 奥卯辰山健民公園
[PR]
by tokimekiroman | 2007-09-02 22:32 | Comments(28)