<   2006年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
彼岸花咲いた!
彼岸花に、ようやく出会えました!
家の近くの川のそばに咲いたヒガンバナです。

まず、ソフトレンズで・・・
SMC PENTAX-F Soft 85mm/F2.8
d0043136_1241124.jpg



上から見ると・・・
d0043136_12413867.jpg



引いてみる・・・
d0043136_12421074.jpg



次はマクロレンズで・・・
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
d0043136_12432930.jpg



タテ位置で・・・
d0043136_12435616.jpg


そこへ蝶が飛んできて・・・
d0043136_12441223.jpg


次は、寝転がって、広角レンズで・・・
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
d0043136_12454179.jpg


太平洋側では、とっくに咲いているのに、こちらではどうしたんだろうと思っていたら・・・。

新聞によると、金沢地方気象台が今月25日にヒガンバナの開花宣言をしたそうです。
平年より5日遅く、去年より3日遅かったそうです。
こういう観測を「生物季節観測」といって、アキアカネの初見、モズの初鳴き、サザンカの開花なども観測しているそうです。

彼岸花の別名は、曼珠沙華。
花言葉は「想うはあなた一人」、「悲しい思い出」だそうです。それと正反対のように、「陽気な気分」というのもあります。
あなたなら、何を想いますか?

PENTAX *ist Ds
金沢・郊外
[PR]
by tokimekiroman | 2006-09-28 13:23
道端のコスモス
土曜日の午後遅く、久しぶりに卯辰山あたりを車で走ってみました。
傾き始めた陽を浴びて、コスモスが道端に咲いていました。
まわりの景色は、すっかり秋色に染まっています・・・。

逆光でねらってみると、・・・
d0043136_21493287.jpg



d0043136_213897.jpg



d0043136_21501924.jpg



d0043136_21382781.jpg



d0043136_21384198.jpg



PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
金沢・郊外
[PR]
by tokimekiroman | 2006-09-26 22:05
奇祭・お熊甲祭り(3)・・・お旅所編
神社から渡御した神輿は、お旅所である加茂原に到着します。
「お旅所」というのは、「神社の祭礼に、神輿が本宮から渡御して仮に暫くとどまる所」(広辞苑)だそうです。

ここでも、猿田彦を先導役に、神輿や枠旗が河原を練り歩きます。

d0043136_21452736.jpg

お旅所の加茂原



d0043136_21553176.jpg

先導役の猿田彦



d0043136_2156895.jpg

神輿


深紅の枠旗が地面すれすれに倒される・・・。これが「島田くずし」と呼ばれる妙技です。
その昔、若衆が余興として、島田髪を結った女性の頭すれすれに枠旗を倒したことに由来するようです。

d0043136_21535678.jpg

「島田くずし」



d0043136_21543385.jpg



d0043136_215544.jpg


はるか昔、日本海の海原を渡って、能登の地に来た神様がいたという伝承は、今なお尽きぬ興味をかきたててくれます。

こうして、今年のお熊甲祭りは終わりました。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
SMC PENTAX-F 70-210mm/F4-5.6
七尾市中島町・お熊甲祭り
[PR]
by tokimekiroman | 2006-09-24 22:14
奇祭・お熊甲祭り(2)・・・渡御編
19の末社すべてが境内に参入し、奉幣式が行われたあと、加茂原(お旅所)に向かって、渡御が始まります。
「渡御」とは、「天皇・三后または神輿のお出かけになること」(広辞苑)だそうです。

爽やかな秋空のもと、神輿の渡御の行列に付いて歩きました。

加茂原(お旅所)までは、わずか700メートルほどの道のりですが、途中、家の前で太鼓を披露したりして、のんびりと進みます。
d0043136_226268.jpg



d0043136_2283312.jpg

神輿の棒に乗って遊ぶ子



d0043136_2294199.jpg

高さ20メートルの枠旗の先は家の屋根のはるか上



途中、家の庭に咲く花を撮影しながら・・・
d0043136_2215477.jpg



d0043136_22121566.jpg

蝶も飛んでいる・・・



道の近くを熊木川が流れる
d0043136_2213149.jpg

熊木川

このあたりは、古代は「熊木郷」と呼ばれていました。
「熊木」(くまき)は「高麗来」(こまき)の転化であると言われます。高麗は高句麗のことで、朝鮮からの渡来民がこの地に上陸したことを想像させます。


d0043136_22195323.jpg



d0043136_2220891.jpg


秋の風情を感じさせる道を神輿の行列が静かに進んでいました。

続きは、次回。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
七尾市中島町・お熊甲祭り
[PR]
by tokimekiroman | 2006-09-23 22:23
奇祭・お熊甲祭り(1)・・・境内参入編
きのう、七尾市中島町に伝わる奇祭・お熊甲祭りに行ってきました。
「お祭り探検隊」のメンバー2人( 風の旅人さん と アカシア姫さん )と一緒です。「おわら風の盆」に続くお祭り企画です。
午前9時過ぎに現地に到着、神社近くの臨時駐車場に車を止め、さっそく神社に向かいました。

お熊甲祭りは、久麻加夫都阿良加志比古(くまかぶとあらかしひこ)神社のお祭りで、毎年9月20日に行われることから「二十日祭り」とも言われます。また「枠旗祭り」とも呼ばれます。

19の末社から、天狗の面をつけた猿田彦を先導役にして、鉦(かね)や太鼓を打ち鳴らし、神輿(みこし)と枠旗(わくはた)が久麻加夫都阿良加志比古神社に向かいます。

そして、神輿と枠旗が神社の拝殿めざして走り込む「境内参入」が始まります。ここが一つのヤマ場です。

d0043136_1824173.jpg

久麻加夫都阿良加志比古神社



d0043136_1825782.jpg

猿田彦を先頭に・・・



d0043136_1825596.jpg

ひょうきんなしぐさ・・・猿田彦



d0043136_18264269.jpg

「お熊甲の鉦の音聞けば 足がひょいひょいしてならぬ」



d0043136_1827317.jpg

高さ20メートルの枠旗



d0043136_1828985.jpg

神輿が拝殿めざして・・・



d0043136_18292038.jpg

掛け声勇ましく、神輿を持ち上げる



d0043136_1829338.jpg

小さな猿田彦!



d0043136_1830784.jpg

可愛い姿をケータイで


久麻加夫都阿良加志比古神社の祭神は、阿良加志比古神と都怒加阿良斯止神。都怒加阿良斯止(つぬがあらしと)は、3~4世紀南朝鮮の王子で、日本に渡来したといわれます。
古代南朝鮮の文化を色濃く残したお祭りとして、国の重要無形民俗文化財に指定されているそうです。
平日にもかかわらず、たくさんの見物客が歴史の浪漫を感じさせるお祭りを楽しんでいましたよ。

続きは次回に・・・。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
七尾市中島町・お熊甲祭り
[PR]
by tokimekiroman | 2006-09-21 19:30
蕎麦の花に蝶
白山ろくの旧鳥越村の蕎麦畑・・・。
白いそばの花のまわりを群れ飛ぶ蝶・・・。アゲハチョウの仲間やシロチョウの仲間でしょうか。
d0043136_0454191.jpg

アカタテハ

yoasさんに教えていただきました。9月20日・追記。

d0043136_2330623.jpg

キアゲハ



d0043136_23303032.jpg

モンシロチョウ



近くの田んぼでは、前日の雨のせいか、稲の葉っぱに残る水滴・・・。
d0043136_23325979.jpg



かと思うと、すぐ隣では、稲刈りが終わって、もみ殻を焼く煙が立ちのぼり・・・。
d0043136_2334236.jpg



田んぼのあぜには、ひっそりと小さな赤い花が・・・。
d0043136_23362587.jpg



「一向一揆、最後の砦」といわれる旧鳥越村・・・。
そんな歴史を秘めた村の初秋の風景です。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED
白山市(旧鳥越村)
[PR]
by tokimekiroman | 2006-09-19 23:44
そばの花が見ごろ
久しぶりに白山ろくへ車を走らせました。

旧鳥越村は、今、真っ白なそばの花が一斉に咲いています。

ここは、「そば花まつり」というイベントがあるほど、そばで有名なところ。
今年は、9月10日(日)にあったのですが、行けませんでした。

けれど、きょうは、ちょうど見ごろのそばの花を撮影できました。

d0043136_2220087.jpg

ソバの花



d0043136_22202911.jpg

一面、そばの花一色!



d0043136_22212340.jpg

蕎麦の花



d0043136_22213795.jpg


実は、きのう、懐かしい友達が北信越5県から集い、久しぶりの会合でした。
話に花が咲き、ついつい酒を飲みすぎて、寝たのは、午前様でした!
d0043136_22245283.jpg

「かんぽの郷 白山尾口」


PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
白山市(旧鳥越村)・そば畑
[PR]
by tokimekiroman | 2006-09-17 22:27
浅野川の岸辺・・・金沢
秋雨前線の影響なのか、きょうも雨が降ったりやんだり・・・。

そういえば、金沢では「弁当忘れても傘忘れるな」ということばがあるくらい、雨が多いのです。
統計によると、平成9年には、石川県の年間の降水量が2506ミリで、全国の都道府県の中では最も雨が多かったそうです。
先日読んだ「石川県って、こんなとこ」という本に出ていました。

観光に来たのに、雨が降ってきて困ったということ、ありますよね。
金沢市は、そんな時、傘を無料で貸してくれるサービスをしています。冬の雪の時には、長靴も貸してくれます。いたれりつくせりという感じですね。
問い合わせは、JR金沢駅「金沢百番街」の石川県金沢観光情報センターです。

写真は、浅野川の下流、磯部橋のあたりです。
岸辺の草花を撮ってみました。
d0043136_2384091.jpg

コマツナギ



d0043136_2391213.jpg

エノコログサ



d0043136_23164294.jpg

コサギ

300ミリを手持ちなので、ブレてしまった・・・(涙)。それに、トリミング。


d0043136_2394583.jpg



d0043136_2310591.jpg

浅野川下流から見た金沢市街


(追記)yoasさん、namazuさん、pandafulさんに名前を教えて頂きました。コマツナギとコサギの名前を入れました。ありがとうございます。(9月15日)


PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED
金沢・浅野川
[PR]
by tokimekiroman | 2006-09-14 23:47
庭の花たち
暑かった日々がつい、きのうのように思われるのに、一雨ごとに涼しくなり、季節は確実に秋の色を深めているようです。
夜になると、部屋の中に虫の音が心地よく聞こえてきます。

雨上がりの庭で、花を撮ってみました。

d0043136_2364516.jpg

ハナトラノオ(花虎の尾)



d0043136_2372744.jpg



d0043136_2374780.jpg

ノボタン(野牡丹)



d0043136_2382056.jpg

デュランタ


そういえば・・・
「おわら風の盆」の特集「煌きの3日間~おわら風の盆」(仮題)が10月8日(日)12:00から、BSiで放送されますね。
楽しみです。

BSi「煌きの3日間~おわら風の盆」(仮題)

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
金沢・わが家の庭
[PR]
by tokimekiroman | 2006-09-12 23:14
雨上がりの散歩
きょうは、きのうとは打って変わって、雨模様の一日でした。
雨が上がるのを待って、散歩に出かけてきました。
雨のおかげで、瑞々しい草花を見ることができました。

d0043136_19292951.jpg

オオマツヨイグサ(大待宵草)


d0043136_19295724.jpg

オオイヌタデ(大犬蓼)



d0043136_19513767.jpg

オオケタデ(大毛蓼)



d0043136_19303229.jpg

ハツユキソウ(初雪草)



d0043136_19304426.jpg

稲刈りのあと


花の名前が分かった方、教えてください・・・

(追記)たくさんの方から花の名前を教えて頂き、ありがとうございます。
皆様のやさしいお気持ちに胸が熱くなりました。
オオマツヨイグサ、オオイヌタデ、オオケタデの名前を追記しました(9月11日)。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
金沢
[PR]
by tokimekiroman | 2006-09-10 19:53