<   2005年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧
玉川図書館周辺~金沢の街
先日、玉川図書館の周辺を歩いてみました。
この図書館は家から近いこともあり、よく利用させてもらっています。
建物はレンガ造りで、1913年(大正2年)に金沢煙草製造所として造られたものだそうです。そして、のちに日本専売公社の金沢工場となり、工場が郊外へ移転した時に金沢市に移管されたものです。
今は金沢市立玉川図書館近世史料館として、加賀藩政期の史料などが保存されています。
藩政時代のことを調べるには格好の史料がそろっているようで、これからも利用させてもらおうと思っています。
それはさておき、この赤レンガ造りの建物は、金沢でも貴重な建造物で、1996年(平成8年)には、国の登録有形文化財に指定されました。
金沢市民としても大切に守っていきたいものの一つです。

d0043136_2058338.jpg

金沢市立玉川図書館近世史料館

d0043136_2058404.jpg

金沢市立玉川図書館近世史料館

d0043136_20585836.jpg

金沢市立玉川図書館近世史料館

d0043136_20592225.jpg

金沢市立玉川図書館近世史料館

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6

ぶらりとカメラを持って散歩するときはズームレンズを付けたカメラが軽くていいですね。

★撮影地:玉川図書館周辺(石川県金沢市)
[PR]
by tokimekiroman | 2005-05-31 21:02 | Trackback | Comments(5)
アオサギの「ケンちゃん」元気~兼六園
「兼六園のアイドル」アオサギくんを、きのう、またまた見つけました。
2週間前には、霞ヶ池のことじ灯篭の近くにいたんですが、きのうは、そこから少し離れた瓢池で見つけました。
アオサギくん、どうも名前がないのは寂しいので、ここでは「ケンちゃん」と呼ぶことにします。名前の由来は、兼六園に住んでいるので「ケンちゃん」です。安易な付け方のような気もしますが、そのうち、慣れてくるでしょう。
ことじ灯篭から噴水の前を通り、夕顔亭を過ぎると、そこが瓢池(ひさごいけ)です。
「ケンちゃん」は瓢池で、じっと池の魚をねらっているようでした。時々、場所を変えながら、ひたすら池の中に目をこらしています。
そして、水の中へさっとクチバシを突っ込みますが、見ていた限りでは収穫はなかったようです。
カメラのファインダーをのぞきながら、口の中でしきりに声援を送りましたが、残念ながらエモノをくわえたシーンにはお目にかかれませんでした。
またの機会を待つことにしましょう。

d0043136_21385319.jpg

瓢池のアオサギ「ケンちゃん」
PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED

d0043136_21394116.jpg

アオサギ「ケンちゃん」
PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED

d0043136_21401133.jpg

翠滝(みどりたき)の下にたたずむアオサギ「ケンちゃん」
PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED
こういう鳥を撮る時などは、300mm望遠は頼もしいですね。

d0043136_2143438.jpg

兼六園の噴水
一段高い霞ヶ池の水を水源として、「サイホンの原理」で水が上がっています。
日本では最古の噴水です。
PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
ややスローシャッターで狙ってみました。

★撮影地:兼六園(石川県金沢市)
[PR]
by tokimekiroman | 2005-05-29 21:52 | Trackback(2) | Comments(0)
「PENTAX PEOPLE」に参加します。
このたび、「PENTAX PEOPLE」に参加させていただくことにしました。
「PENTAX PEOPLE」はPENTAX ユーザーのブロガーの集まりで、2004年5月にできたそうです。
私もSP以来の「ペンタ党」なので、参加させていただくことにしました。
皆さん、どうぞよろしく。
[PR]
by tokimekiroman | 2005-05-28 20:52 | Trackback | Comments(0)
兼六園のカキツバタ見ごろ
金沢の兼六園では今、カキツバタが見ごろを迎えています。
兼六園には、約1万株、4万本のカキツバタ(杜若)がありますが、ざっと見て8割がた咲いているでしょうか、今がちょうど見ごろです。
きょうは天気もよく、休日とあって、大勢の観光客が咲き誇る花を楽しんでいました。
2週間前に来た時は、唐崎の松あたりを中心に、1割程度でしたが、きょうは成巽閣側の曲水も含めて、8割程度咲いている感じです。
よく知られているように、兼六園は、江戸時代ならば、加賀の殿様のお庭で、誰でも入れるところではありませんでした。
現代では、誰でも自由に園内を散策して、濃紺の花を愛でることができるのです。なんという幸せな気分でしょう。
それでは、咲き乱れるカキツバタの花々をごゆっくりご堪能ください。

d0043136_2095084.jpg

兼六園 曲水を埋めつくすほどのカキツバタ
PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6

d0043136_2010233.jpg

兼六園 カキツバタの2ショット?
PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8

d0043136_20371137.jpg

兼六園 カキツバタの清楚な姿
PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8

d0043136_20172034.jpg

曲水には辰巳用水の水が流れています。
PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6

d0043136_2035938.jpg

曲水の杜若と大勢の観光客(兼六園)
PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6

d0043136_20222661.jpg

兼六園といえば「ことじ灯篭」 
金沢のシンボルです。
PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6

★撮影地:兼六園(石川県金沢市)
[PR]
by tokimekiroman | 2005-05-28 20:39 | Trackback | Comments(6)
歴史博物館周辺~金沢の街
金沢・出羽町の石川県立歴史博物館の周辺を歩いてみました。
赤レンガの建物は、大正時代、陸軍の兵器庫として使われていましたが、戦後には、金沢美術工芸大学の校舎として使用されていました。
その後、金沢美大が小立野へ移転し、この赤レンガの建物は、県立歴史博物館として使用されています。
国の重要文化財に指定されています。
ちょうど、写生会に訪れた中学生が芝生に坐って、絵筆を動かしていました。新緑が赤レンガの建物に映え、格好の題材になっているようです。

d0043136_20154169.jpg

PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
石川県立歴史博物館

d0043136_20163982.jpg

PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
石川県立歴史博物館

d0043136_20165481.jpg

PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
絵を描く中学生(石川県立歴史博物館)

d0043136_20175765.jpg

PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
石川県立歴史博物館

d0043136_20181123.jpg

PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6

★石川県立歴史博物館周辺(石川県金沢市)
[PR]
by tokimekiroman | 2005-05-27 20:20 | Trackback(1) | Comments(4)
県立美術館周辺~金沢の街
金沢・出羽町の石川県立美術館の周辺を歩きました。散歩の時は、PENTAX *ist Dsに35-105mmのレンズをつけて肩からぶら下げて歩きます。重くなく、ちょうどいい具合です。

このあたりは「本多の森」とよばれ、加賀藩の筆頭家老・本多家の屋敷があったところです。
本多家の初代・本多政重は江戸幕府の老中・本多正信の次男で、加賀藩主・前田家に仕え、代々5万石を世襲していました。これは家老の中で最も高禄で、全国の諸大名の家臣の中でも最高の禄高だったといいます。

屋敷も大きく、上、中、下の屋敷があり、敷地は1万坪を超えていました。今の県立歴史博物館、藩老本多蔵品館、県立美術館、県立図書館、市立中村記念美術館、北陸放送、県立工業高校などにまたがる広大な地域です。

本多町から県立美術館の方へ行く近道に「美術の小径」(こみち)があります。大変急な階段ですが、横を辰巳用水の分流が滝のように音をたてて流れ、街中とは思えないような静かな森林空間です。
その昔はここに坂があり、本多家の家臣が下屋敷から坂の上の上屋敷へ行くのに通ったということも、何かの本に紹介されていました。
最近は、出羽町の県立美術館から広坂の金沢21世紀美術館へ行く際の近道として利用する人が多いようです。

d0043136_22383484.jpg

PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
本多家の屋敷跡(現在は金沢市立中村記念美術館の敷地)

d0043136_22395079.jpg

PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
「美術の小径」

d0043136_22402285.jpg

PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
石川県立美術館(その昔は本多家の上屋敷でした)

d0043136_22411390.jpg

PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
国重文・成巽閣(兼六園の一角にあります)

d0043136_22422985.jpg

PENTAX *ist Ds  SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
アジサイ
近くで、アジサイが一輪、花をつけているのを見つけました。ずいぶん早咲きのアジサイだなあと思って、パチリ!

★本多町、出羽町周辺(石川県金沢市)
[PR]
by tokimekiroman | 2005-05-26 23:01 | Trackback | Comments(4)
中国庭園~姉妹都市公園(3)
金沢の姉妹都市公園です。
金沢の姉妹都市である中国の蘇州市は「水の都」であり、寒山寺、虎丘などの名所旧跡が残る景勝の地でもあります。
中国庭園は、蘇州市から技師を招いて造られたということです。
ここに来ると、中国に来たかのような錯覚に捉われるほどです。

d0043136_20301321.jpg

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
太鼓橋

d0043136_1928687.jpg

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
シダレエンジュ(分布=中国)

d0043136_1959840.jpg

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
金蘭亭

d0043136_2031098.jpg

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8

d0043136_20314770.jpg

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
「長流遠源」の文字が刻まれた石坊
1991年に蘇州市から贈られました。

d0043136_2033181.jpg

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6

★撮影地:姉妹都市公園(石川県金沢市)
[PR]
by tokimekiroman | 2005-05-23 20:42 | Trackback | Comments(2)
紫のバラ、白いバラ~姉妹都市公園(2)
金沢の姉妹都市公園です。
バラ園には、ちょうど今、いろいろな色のバラが咲いています。
街の中の公園は、人をほっとさせてくれる貴重な空間ですね。

d0043136_7192460.jpg

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
紫色のバラ、キャロリーヌ・ドゥ・モナコ(フランス:メイアン)

d0043136_720698.jpg

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
白いバラ、ラスベガス(ドイツ:コルデス)

d0043136_7224170.jpg

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
黄色のバラ、サラバンド(フランス:メイアン)

d0043136_7235262.jpg

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
ガーゴイル

金沢の姉妹都市、ベルギーのゲント市で、建物の屋根に雨どいとして取り付けられている魔除けの石像(ガーゴイル)で、ゲント市から寄贈されたものです。

d0043136_7211363.jpg

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
★撮影地:姉妹都市公園(石川県金沢市)

sky-shipさんのお義父さんが病気で入院。そして、きょうが手術日。
手術の成功と回復を心からお祈りしています。
[PR]
by tokimekiroman | 2005-05-23 07:39 | Trackback | Comments(2)
赤いバラ~姉妹都市公園(1)
姉妹都市公園に行ってきました。JR金沢駅からまっすぐに伸びるけやき大通りの脇にあります。
金沢市は7つの都市と姉妹都市提携をしています。
フランスのナンシー、ベルギーのゲント、アメリカのバッファロー、ブラジルのポルトアレグレ、ロシアのイルクーツク、中国の蘇州、そして韓国の全州(チョンジュ)です。
古い歴史を持つ都市が多いですね。
姉妹都市を7つも持っているのは、おそらく全国トップクラスでしょう。
土曜日の午後の公園は、子供と遊ぶ家族連れなど、のどかな風景でした。
この公園のバラ園はみごとなもので、ちょうど赤いバラや黄色いバラ、ピンクのバラなどが咲き競っていました。1度に載せきれませんので、2回に分けてご紹介します。

d0043136_2023213.jpg

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
赤いバラ、ニューアベマリア(ドイツ:コルデス)

d0043136_2022650.jpg

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
ピンクのバラ、マリア・カラス(フランス:メイアン)

d0043136_204645.jpg

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6

d0043136_2053298.jpg

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8

d0043136_2043794.jpg

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6

ナンシーのスタニスラス広場は「世界文化遺産」に登録されています。これは、スタニスラス広場の黄金の門をかたどったものです。

★姉妹都市公園(石川県金沢市)
[PR]
by tokimekiroman | 2005-05-21 20:31 | Trackback | Comments(2)
白雲たなびく金沢城
久しぶりに金沢城公園へ足を向けてみました。
石川門から中に入ってみると、お城の上には、澄み切った青空が広がり、わずかに秋空のような筋状の雲がたなびいていました。
じっくり眺めると、雲にもいろいろな表情があるものです。
平日のせいか、広い城内はほとんど人影がなく、ゆったりとした気分になって帰って来ました。

d0043136_23201665.jpg

金沢城公園(五十間長屋)

d0043136_23204736.jpg

金沢城菱櫓

d0043136_23212957.jpg

金沢城橋爪門続櫓

d0043136_23221569.jpg



d0043136_23224181.jpg

金沢城石川門の石垣

★金沢城(石川県金沢市)
[PR]
by tokimekiroman | 2005-05-19 23:27 | Trackback | Comments(2)