越後「天地人」の旅(1)
NHK大河ドラマ「天地人」が人気です。私も毎週楽しみにしていますが、その「天地人」ゆかりの土地を訪ねる旅に参加して来ました。

d0043136_21385536.jpg

(写真は、上杉景勝、直江兼続の生誕地といわれる坂戸山)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
所属している歴史研究会の企画イベントで、集合場所は、越後湯沢駅。
4月12日(日)。参加者の大半は、金沢からJR利用ですが、私たち4名は車で行くことにしました。
金沢東ICから北陸道、関越道経由で湯沢ICまで、320kmを走破。普通なら6850円かかる高速道路料金が1000円で済み、往復で1万円以上のETC効果に全員でにんまり。

車で到着した越後湯沢駅。
d0043136_21564925.jpg


越後湯沢駅から貸切の観光バスに乗り、各地を巡りました。
最初に訪れたのは、雲洞庵(うんとうあん)。
上杉景勝と直江兼続が「喜平次」「与六」と呼ばれていた幼い頃、このお寺で学問を学んだということです。
曹洞宗の古刹で、越後一の寺。
d0043136_21564857.jpg


境内の参道。
d0043136_2157214.jpg


雲洞庵。
d0043136_2205767.jpg


境内に咲く水芭蕉。
d0043136_222896.jpg


お寺の中から。
d0043136_2225833.jpg


「勉学の図」。
d0043136_2234083.jpg


境内の桜。
d0043136_2245100.jpg


昼食は、ホテル坂戸城で、「お発ち飯」。
戦国時代、日常食は一汁一菜の質素な食事でしたが、いざ出陣となると、山のように飯を炊かせ、山海の幸で贅沢な食事をとらせ、大いに士気を高めたそうです。
山海の珍味とでっかいにぎりめしがうまかった!
さすがに、魚沼産コシヒカリです。
d0043136_23334359.jpg


続きは、次回に・・・。

PENTAX K100D
新潟県南魚沼市六日町周辺
[PR]
by tokimekiroman | 2009-04-20 22:12 | Comments(6)
Commented by miyullin at 2009-04-21 10:37
お~~なんとも歴史を感じるお寺ですね!!
我家のたぬきさんが見たら絶対に行きたい!!っていうと思います^^

おにぎり凄いですね~~!!魚沼産こしひかりですか・・・美味しかったでしょうね!!
Commented by kawa at 2009-04-21 13:57 x
「天地心」、私も毎週見てます。
与六の「わしは、こんなところに来とうはなかった」のセリフが、一躍有名になりましたが、そのお寺ですね。
おコメは、当時からおいしかったのでしょうね。
Commented by ironsky at 2009-04-21 21:55
「天地人」は私も毎週欠かさず見ています。
こういう歴史散歩、私も好きです。
ETC効果も合わせて、良いご旅行になったようですね。
Commented by tokimekiroman at 2009-04-22 20:13
★miyullinさん、こんばんは♪
雲洞庵は、なかなか味わいのあるお寺ですよ。
きっと気に入ると思います。
「お発ち飯」もここでしか食べられないもので、美味しかったです。
おむすび、食べきれない場合は、竹の皮に包んで持ち帰ってもいいそうです。
そうしている人もいましたが、私は頑張って完食しました。
Commented by tokimekiroman at 2009-04-22 20:16
★ kawa さん、こんばんは♪
「天地人」毎週、面白いですね。
そうそう、書き忘れましたが、与六の「わしは、こんなところに来とうはなかった」のセリフ、このお寺だそうです。
Commented by tokimekiroman at 2009-04-22 20:19
★ ironskyさん、こんばんは♪
「天地人」、現地へ行って来ると、ますます興味深くなるから不思議ですね。
お寺の駐車場は観光バスでいっぱい、近くの道路はマイカーでいっぱいでした。
やはり、ETC効果で、どっと押し寄せたものでしょうか。
<< 越後「天地人」の旅(2) 春の金沢 主計町・浅野川界隈 >>