利長の菩提寺・瑞龍寺~高岡
4月30日のこと・・・。
高岡の万葉歴史館を見たあと、氷見に向かいました。

「ひみ海鮮館」です。
d0043136_23284182.jpg






新鮮な魚の刺身とてんぷらで昼食。
中は、「きときと」の魚を販売しています。
d0043136_2331113.jpg


このあと、再び、高岡にもどり、加賀藩ゆかりの瑞龍寺へ・・・。
そもそも越中の高岡は、120万石の加賀藩2代藩主・前田利長が弟・利常に藩主の座を譲って隠居後、慶長14年(1609年)、築城して住んだ場所です。高岡は来年、開町400年になります。
瑞龍寺は、3代藩主・利常が利長の菩提寺として建立したものです。
回廊式禅宗伽藍で、山門、仏殿、法堂が国宝に指定されています。加賀藩の領内(加賀、能登、越中)では、唯一、ここだけが国宝なのです。

まず、国宝の山門です。
d0043136_2333481.jpg


金剛力士像。
d0043136_2346536.jpg


次に、伽藍の中央にある仏殿(国宝)。
d0043136_0151359.jpg


甍には、前田家の剣梅鉢の紋が・・・。
d0043136_23481726.jpg


d0043136_23372212.jpg


d0043136_23492387.jpg


法堂(国宝)。総桧造りで、中には、利長の位牌が安置されている。
d0043136_23363031.jpg


鐘楼。
d0043136_23374212.jpg


利長の墓所を示す案内板。
d0043136_2343434.jpg


歩いて、利長の墓所へ。
瑞龍寺から真っ直ぐ伸びる道。「八丁道」と呼ばれ、約870メートルの道です。
d0043136_23441847.jpg


途中に、利長の像。
d0043136_23454714.jpg


「八丁道」の先にあるのは、利長の墓所。当時は、5万坪余りあったという。
d0043136_11403458.jpg


d0043136_23443714.jpg


d0043136_16105095.jpg


このような壮大な墓所と菩提寺を築造した3代藩主・利常に思いをはせながら、八丁道を帰って来ました。

PENTAX K100D SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
富山県高岡市 国宝高岡山瑞龍寺
[PR]
by tokimekiroman | 2008-05-10 23:51 | Trackback | Comments(26)
トラックバックURL : http://tokimekiro.exblog.jp/tb/7877199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くてくて at 2008-05-11 10:57 x
利長は高岡に居たのですか。知りませんでした。
寺がいまでもきれいに、そして敷地も広く残っているということは、
高岡の人たちに愛されてきた武将だったんですね。
Commented by OM1ユーザー at 2008-05-11 20:13 x
瑞龍寺と八丁道、墓所、壮大な規模ですね。

やはり当時の加賀百万石の勢力は並大抵のものではなかったのですね。
加賀には国宝が沢山あるように思っていたのですがここだけとは驚きました。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2008-05-11 21:13
こうしてじっくり見せていただくと、さすが、時の権力者だけのことはあったのですね~
改めて幕府も一目置いた前田家の盛世を目の当たりにした思いです。
Commented by Shikokuboy at 2008-05-11 23:14 x
高岡は歴史的由緒ある場所だったのですね。
瑞龍寺の規模の大きさには、驚きです。
海鮮館では、何かお買い求めになられましたか?
Commented by tokimekiroman at 2008-05-12 19:56
★くてくてさん、こんばんは♪
利長は高岡で亡くなり、藩主を引き継いでいた利常が兄への思いをこめて、壮大な墓所と菩提寺を建立したのですね。
なかなか機会がなく、今回、ようやく訪れることができました。
Commented by tokimekiroman at 2008-05-12 19:59
★ OM1ユーザー さん、こんばんは♪
これだけのものを造ったのは、やはり財力があってのことですね。
金沢城は明治になってから焼失してしまったけれど、今あれば、国宝だったでしょう。惜しいことです。
Commented by tokimekiroman at 2008-05-12 20:03
★sakusaku_fukafukaさん、こんばんは♪
利長が早くに隠居し、利常(家康の孫娘を正室に迎えている)に藩主を譲ったのも、謀反の心がないことを示したものですし、外様大名の大藩が生き残るのは並大抵のことではなかったと思われます。
Commented by tokimekiroman at 2008-05-12 20:06
★Shikokuboyさん、こんばんは♪
回廊式伽藍の広大さには驚かされます。
駆け足気味に見て回ったので、じっくりカメラを構えられなかったのが惜しかったです。
海鮮館、いつも立ち寄るので、今回、お買物はなしでした。
Commented by 風の旅人 at 2008-05-12 21:07 x
瑞龍寺は、いいですネ・・・。
昨年、陶芸教室の研修旅行で立ち寄り感動しました。
仏殿の瓦は、寺院にもかかわらず金沢城と同じく鉛瓦だったのも驚きでした。
それに一直線に山門へとつながる「八丁道」の壮大さに
当時の前田家の財力を垣間見た感じになりました。

Commented by namazu_5757 at 2008-05-12 21:19
風雪厳しい越中にこんな大きな建物。よほどがっちり作られているのでしょうね。そして何より細部のあか抜けたデザインに気を引かれます。
Commented by ironsky at 2008-05-12 21:22
氷見は良いところですね。
もう3~4年前になりますが、行きました。
日本海側なのに、海から朝日が昇るというのが見てみたかったのです。
ひみ海鮮館も行きました。
Commented by tokimekiroman at 2008-05-12 23:51
★ 風の旅人さん、こんばんは♪
去年、行って来られたのですね。僕は初めてでした。
そう、鉛瓦です。珍しいですね。
八丁道、たいそう立派なものを造ったものです。
Commented by tokimekiroman at 2008-05-12 23:57
★namazu_5757さん、こんばんは♪
火災にもあわず、今日まで残ったことは大変貴重なことですね。
造ったのは、那谷寺や気多大社も造った加賀藩お抱えの名匠・山上善右衛門です。
Commented by tokimekiroman at 2008-05-12 23:59
★ironskyさん、こんばんは♪
ironskyさんも行って来られましたか。
雨晴海岸から見た立山の風景、素晴らしいですよね。
一度、行ったことがあります。
Commented by miyullin at 2008-05-13 21:09
あ~~私も以前此処に行った事があります。広々とした所ですよね!!
最後の写真もとても素敵です!!
水と葉っぱの感じがとても良いですね。
Commented by tokimekiroman at 2008-05-13 22:51
★miyullinさん、こんばんは♪
こちらも行って来られたのですか!すごいですね。僕は初めてでした。
近いところは意外と行けなかったりします。
墓所の周囲に濠をめぐらせて・・・。
とても墓所とは思えないところですよね。
Commented by アカシア姫 at 2008-05-14 00:05 x
こんばんは、いろいろ歴史の旅は遠い昔に思いを馳せながらで楽しいですネ。瑞龍寺は文学散歩で行きました。確か木崎さと子さんの作品に瑞流寺山門がでてくるものがありましたので行ったのだったと思います。もう一度行ってみたいお寺です!
Commented by tokimekiroman at 2008-05-14 10:45
★アカシア姫さん、こんにちは♪
はい、歴史をさかのぼる旅は、学んだことを実際にこの目で確かめると、また新しい発見があって、知的好奇心が刺激されますね。
木崎さと子さんの作品、読んでみたいです。
Commented by kawa at 2008-05-14 22:23 x
ア好きな歴史探訪ですね、興味があると、建物をみても感じ方が違うでしょうね。
3っも、国宝に指定されているものがあるとは、知りませんでした。
Commented by makochi09 at 2008-05-15 16:06
こんにちは・・歴史の授業を受けてる気分で読ませていただきました。
加賀百万石っていうのはよく聞いてましたけど・・
利長が建てた瑞龍寺はすごい規模ですね
とても武将のものとは思えない。

国宝の山門もりっぱいでした
お墓も大きいんですねぇ・・・
Commented by tokimekiroman at 2008-05-15 21:34
★kawaさん、こんばんは♪
歴史探訪。興味があるところを絞って見て歩くのもいいものです。
ここはいつか見たい場所だったのですが、やっと願いが叶いました。
Commented by tokimekiroman at 2008-05-15 21:39
★makochi09さん、こんばんは♪
歴史の授業、といえば、そのとおりですね。
でも授業では耳を素通りするものが、現地に立つとすんなり理解できるのが不思議です。
国宝の建造物もよく現代まで残ったものだと思います。
Commented by 雨帳瑞絵 at 2008-05-17 20:00 x
さすがは加賀藩のお膝元金沢は歴史的観光地がいっぱいですね。
いずれ訪れてみたいなといつも思います。
Commented by netton at 2008-05-18 09:22 x
富山県氷見ってうどんの美味しいところでしたね
旅の途中に立ち寄って、ガソリンスタンドで聞いて美味しいお店を紹介して貰って行ったことがありました。
「ひみ海鮮館」って能登にも似たようなお店がありましたね
・・・って歴史は苦手で食べ物にばかり走るnettonさんでした。

最後の写真に惹かれました。
Commented by tokimekiroman at 2008-05-19 17:46
★ 雨帳瑞絵さん、こんにちは♪
富山県はお隣とはいえ、なかなか訪れる機会がなく、今回初めて、瑞龍寺に行きました。
なかなか見ごたえのあるお寺です。
Commented by tokimekiroman at 2008-05-19 17:49
★nettonさん、こんにちは♪
氷見はうどんが名物です。おみやげに買ったこともあります。おいしいですよね。
ひみ海鮮館、フィッシャーマンズワーフといって、七尾にもフィッシャーマンズワーフがありますね。新鮮な魚が売り物です。
<< 若狭の旅(1)小浜・明通寺 勇壮! 伴旗まつり・・・能登小木 >>