金沢湯涌・・・夢二の歩いた道
先日、写真同好会の集まりがあり、湯涌温泉に出かけて来ました。
最近では、「湯涌温泉といえば竹久夢二」というくらい、夢二の存在がクローズアップされています。

温泉街の真ん中あたりにある「金沢湯涌夢二館」です。
d0043136_19204634.jpg


夢二館の前庭にある「竹久夢二像」。
d0043136_19252877.jpg


昼過ぎに到着し、会合までにはたっぷり時間があったので、夢二ゆかりの場所を歩いてみることにしました。
記念館の横からお薬師さんに至る石段を上がると、湯涌の町が眺められます。
d0043136_19244562.jpg


木々の葉が色づき、
d0043136_19452655.jpg


お薬師さんの境内には夢二の歌碑が・・・。
d0043136_19265966.jpg


   湯涌なる山ふところの

      小春日に

   眼閉じ死なむと

      きみのいふなり

竹久夢二は大正から昭和初期にかけて活躍した岡山県出身の画家・詩人です。あの黒猫を抱いた女の画「黒船屋」や「宵待草」の歌(待てど暮らせど来ぬ人を・・・)で知られていますね。

その夢二は大正6年の秋、愛人の笠井彦乃とともに、ここ湯涌温泉の旅館におよそ3週間滞在したのです。
この時、夢二33歳、彦乃21歳。
許されぬ恋の清算をはかろうという思いがその時ふっとよぎったのかも知れません・・・。

お薬師さんの横から落ち葉を踏みしめながら「夢二の歩いた道」を上がってみました。かなり急な坂道です。
d0043136_19404992.jpg


山全体が秋の色に染め上げられて・・・。
d0043136_19411984.jpg


d0043136_1944899.jpg


d0043136_2329363.jpg


夢二が彦乃とともに歩いた道をたどりながら、しばし夢二の世界に思いを馳せてみました・・・。

PENTAX K100D SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
金沢 湯涌温泉 金沢湯涌夢二館
[PR]
by tokimekiroman | 2007-12-03 20:00 | Comments(38)
Commented by akashiahime at 2007-12-03 21:08
こんばんは!
撮影会でしたか?湯涌温泉は近くて落ち着くいい温泉ですね。
静かな時間を過ごせそうな雰囲気です。
夢二はなかなかハンサムですね。
Commented by Shikokuboy at 2007-12-03 21:39 x
今晩は。竹久夢二は大正時代ですね。大正文化といいますか。。。
黄色い紅葉がいいです。下から2枚目の、少しだけ赤らんできた紅葉も素敵です。
金沢の方は、紅葉はこれからですか?
Commented by NIKON命 at 2007-12-03 21:50 x
こんばんは お久しぶりです。

湯涌温泉への旅をしたような気分にさせて頂きました。
夢二と彦乃の悲恋・・・・・

物語りだぁ!!!
Commented by ironsky at 2007-12-03 21:55
温泉で撮影会ですか?
もちろん、温泉にも入られたのでしょうね。
風呂に入りながら、写真の話をあれこれと・・・良いものです。
Commented by makochi09 at 2007-12-03 22:50
こんばんは竹下夢二は有名だから名前だけは知ってましたけど・・
そんな許されざる恋をしていたとは・・ここで初めてしりました。
でも温泉場と恋って合いますね・・
未来がないと知りながらふたりどんな想いをめぐらせていたのでしょう
考えただけで大正ロマンって感じ。
Commented by kumumi at 2007-12-03 23:43 x
ときめきさま、こんばんわ。
「湯涌温泉」と聞くと、昭和天皇もお泊りなられた宿が倒産などと、
寂しいニュースを思い出してしまいました。
今は夢二ブームで芸術的に栄えているようですね。よかった。
”山吹糸に赤の点”
紅葉している山道で、葉っぱにちょっと絵筆でいたずら書きしたように見えます。
この写真も夢二的ですね。
Commented by siawasekun at 2007-12-04 02:03 x
珍しいショットと竹久夢二の話、楽しめました。
いいものですね。

ランキング、今5位と1位ですね。
Commented by yoas23 at 2007-12-04 05:39
竹久夢二は金沢にも足跡を残しているのですね。
そんな話しがあったとは知りませんでした。
やはり何処か凡人とは違いますね。

同じ趣味の人との語らいは楽しい時間となりましたでしょうね。
Commented by netton at 2007-12-04 09:41 x
ロマンチックな旅でしたねぇ
八枚目の写真・・・夢二と彦乃の叶わぬ恋の残り香ように見えました。
一度湯涌を訪れて、昭和天皇がお泊まりになったというお部屋の方向を
感慨深く眺めたことがありました。 倒産ですかぁ~
Commented by kaorin at 2007-12-04 16:41 x
こんにちは~♪
竹久夢二、もちろん名前は知っていますが詳しくないです。
銅像を見て、へえ~、こういう人なんだぁと思いました。
紅葉と黄葉が綺麗ですね!
金沢に恋したままの私です(^-^
Commented by くてくて at 2007-12-04 18:20 x
館の周りの風景も夢二の世界、これはやはり湯涌ならではですね。
Commented by kawa at 2007-12-04 19:46 x
湯湧温泉、早速、調べてみました。金沢から近いんですね。
竹久夢二、伊香保(群馬)にも、記念館があるのですよ、こちらも関係があるのかもしれません。
黄葉が、鮮やかですね。
Commented by makimaki59 at 2007-12-04 22:38
湯湧温泉ですか、いいですね!
その後の「白雲楼」はどうなったのだろうか?
気になるところです・・・・。

夢二は、もてすぎて好きになれないタイプ。
(もてない男」のやっかみでした・・・笑)
絵には、モジリアーニと共通するものを感じて嫌いではありません。
「黒船家」と言えば和倉温泉にも、そのような名の置屋があった気がするのですが・・・・
「そんなの 関係ない!」ですね(笑)

Commented by reiko at 2007-12-05 16:13 x
こんにちは~
湯湧温泉いいですね~黄色い紅葉もやさしくてとてもキレイです☆
数年前に一度だけ湯湧温泉に出かけたことがありますが、ちょうど夢二の
資料館の改装工事をしていて拝見することが出来ず残念な思いをしたことがあります。
今度また訪れてみようと思っています。
Commented by pure_heart96 at 2007-12-05 18:42
こんばんは^^
湯湧温泉、一度訪ねたことがあります
竹久夢二館にも寄りました
しっとりと落ちついた所ですよね~
悲恋・・・・そんなことを思いながら夢二の足跡をたどりながら歩いた坂道
わたしも歩いたような気分になりましたよ
黄色の紅葉の葉の中に真っ赤な部分が・・・珍しいですね
Commented by miyullin at 2007-12-05 23:53
こんばんは^^
実は私夢二館大好きな美術館なんです^^
此処へはもう、4,5回行っています!!
夢二の絵はとても素敵ですよね~~!!大正ロマンを感じ、湯涌温泉も情緒があって、大好きです^^夢二はほんとに彦乃が大好きだったんですよね。
Commented by tokimekiroman at 2007-12-06 19:05
◆akashiahimeさん、こんばんは♪
写真同好会の「総会」という名の忘年会?です。
撮影会はセットされていないので、自分ひとりの撮影会です。
周辺を歩いたあとですと、夕食のビールがおいしかったですよ。
Commented by tokimekiroman at 2007-12-06 19:08
◆Shikokuboyさん、こんばんは♪
葉っぱの一部だけが赤くなっていて、不思議な感じがしますね。
色素の関係でしょうか。
金沢にもようやく紅葉の季節です。
Commented by tokimekiroman at 2007-12-06 19:12
◆NIKON命さん、こんばんは♪
お久しぶり!
夢二と彦乃がこのあたりを散策したのかと思うと、感慨もひとしおでした。
平日だったせいか、近くに人影もなく、静かな時間を過ごせました。
Commented by tokimekiroman at 2007-12-06 19:23
◆ironskyさん、こんばんは♪
温泉には夕食前と寝る前、それに朝起きてからと、3回も入りました。
風呂につかりながらの写真談義も楽しいですね。
Commented by tokimekiroman at 2007-12-06 19:26
◆ makochi09さん、こんばんは♪
恋人とひなびた温泉場への逃避行・・・・
夢二ならではのエピソードですね。
Commented by tokimekiroman at 2007-12-06 19:36
◆kumumiさん、こんばんは♪
白雲楼ホテル、残念なことになりましたね。
建物は解体されて、公共的な空間として活用されるようです。
一部だけが紅葉している葉っぱ、ちょっと不思議な感じですね。
Commented by tokimekiroman at 2007-12-06 19:38
◆siawasekun さん、こんばんは♪
夢二と彦乃の物語・・・。
ちょっぴり物悲しく、これも湯涌の魅力になっているようです。
Commented by tokimekiroman at 2007-12-06 19:47
◆yoas23さん、こんばんは♪
大正の頃の湯涌は、ひなびた山あいの温泉場で、夢二はここが気に入ったのでしょう。
3週間も滞在しているんです。
夢二らしい奔放な生き方を示すエピソードですね。

写真同好会の仲間との語らいは、日付が変わっても続きました。
Commented by tokimekiroman at 2007-12-06 19:55
◆nettonさん、こんばんは♪
>夢二と彦乃の叶わぬ恋の残り香・・・
味わい深いコメントですね。

経営が行き詰まり、倒産したあと、若干の経過を経た後、今は金沢市が所有し、跡地の活用策を検討しているそうです。
Commented by tokimekiroman at 2007-12-06 21:09
◆kaorinさん、こんばんは♪
今年は秋口の気温が高かったせいか、葉っぱが赤くならず、黄色い葉っぱが多いように感じました。
夢二館、金沢へおいでの節は、ぜひこちらもおすすめです。
Commented by tokimekiroman at 2007-12-06 21:12
◆ くてくて さん、こんばんは♪
トラバ、ありがとうございます。
東京にも夢二美術館があるんですね。
いつか行ってみたいものです。
Commented by tokimekiroman at 2007-12-06 21:16
◆kawaさん、こんばんは♪
湯涌はここも金沢市で、市の中心部から車で20分~30分ぐらいです。
>伊香保(群馬)にも、記念館があるのですよ
そうなんですか。今年、伊香保に行ったのに気付きませんでした。
機会があれば、行ってみたいです。
Commented by tokimekiroman at 2007-12-06 21:20
◆ makimaki59さん、こんばんは♪
あの建物は解体されてしまったようです。

夢二の「宵待草」の歌、先日カラオケで歌いましたよ!
Commented by tokimekiroman at 2007-12-06 21:22
◆reiko さん、こんばんは♪
夢二館ができてから、湯涌温泉にあらたな魅力が加わった気がします。
ぜひまた、出かけてみてください。
Commented by tokimekiroman at 2007-12-06 21:30
◆pure_heart96さん、こんばんは♪
山中温泉には芭蕉、湯涌温泉には夢二。
ともに文人墨客が好むいで湯のようですね。

今年の紅葉は秋口の天候のせいか、葉っぱの傷みが目だって、残念な気がしました。
Commented by tokimekiroman at 2007-12-06 21:33
◆miyullinさん、こんばんは♪
>此処へはもう、4,5回行っています!!
そうなんですか!私も2回ほど入っていますが。
あの独特なタッチの絵。まさに「夢二風」の世界がたまりませんね。
Commented by skwakasaman at 2007-12-07 15:31
お久しぶりです。
竹久夢二の世界金沢と合いますね。
金沢は北陸の大都市です。
いよいよ冬本番ですね。
Commented by tokimekiroman at 2007-12-08 13:09
◆ skwakasamanさん、こんにちは♪
お久しぶりです。
若狭はいいところですよね。
来年は撮影旅行に行くかも知れません。
Commented by taka at 2007-12-12 21:17 x
たかです。信州と大井川鉄道SLの旅で疲れてしまって、体調崩して、そして又色々
バタバタしまして、すっかりご無沙汰してしまいました。今も年末でバタバタです。
素晴らしい、紅葉を見せて頂きまして とても嬉しいです
素敵な所ですねー
流石 素晴らしいです。感動です
Commented by tokimekiroman at 2007-12-14 11:39
◆たかさん、こんにちは♪
からだが第一ですから、くれぐれも気をつけてくださいね。
山あいのひなびた温泉場はあこがれますね。
こういうところで、のんびりしたいです。
Commented by 北川敬信 at 2007-12-14 22:30 x
連合町会50周年記念式典で隣にいた北川です、素晴らしい写真とコメントを読んで金沢の住人としての誇りと幸せを感じています。23日に東京の親戚一家と湯涌温泉で泊まり、翌日は天徳院を観光、小立庵で蕎麦を食しました。
初めてのアクセスで偶然ですがこの行程の写真を開き感慨に浸っています。
又ゆっくりと拝見します。
Commented by tokimekiroman at 2007-12-17 18:37
◆北川敬信さん、こんばんは♪
先日はありがとうございました。
湯涌温泉に行かれたんですね。親戚の方と温泉でのんびりもいいですね。
うれしいコメントありがとうございます。
また、これからもよろしくお願いします。
<< 紅葉の兼六園 霞ヶ池周辺 秋の金沢城を歩く >>