秋の大聖寺散歩(2)
大聖寺藩歴代藩主の菩提寺・実性院のあと、藩主の休息所・長流亭に向かいました。

山ノ下寺院群には、芭蕉が泊まったお寺(全昌寺)もありますが、今回は説明だけで通過です。
私は去年の夏、その全昌寺を訪れていますが、その記事はこちらです(「全昌寺の秋海棠・・・加賀」)。
d0043136_17503739.jpg


途中、熊坂川の川沿いを歩きます。桜並木があり、春の桜の頃にはさぞ見事だろうと思われます。
d0043136_17462529.jpg


しばらく行くと、大聖寺藩3代藩主・前田利直の休息所だった長流亭に到着します。
数奇屋風の茶室は、小堀遠州の設計といわれ、国の重要文化財に指定されています。
d0043136_17554794.jpg


中は撮影禁止なので、紹介できないのが残念です。長流亭から眺めた旧大聖寺川の流れ。
藩主は、ここから釣り糸を垂れて楽しんだそうです。
d0043136_180642.jpg


次に、旧大聖寺川の堤防をしばらく行くと、深田久弥山の文化館です。
d0043136_1855718.jpg


建物は、明治時代の絹織物工場を利用して造ったものです。
ちょうど、大きな銀杏の木から銀杏の実が盛んに落下していました。
d0043136_1874337.jpg


深田久弥は、ここ大聖寺に生まれた作家で、その著書「日本百名山」はあまりにも有名です。
館内には、久弥の直筆原稿や愛用した万年筆、テント、ピッケルなどが展示されていました。
d0043136_18335093.jpg


深田久弥「日本百名山」の一節・・・。

・・・私のふるさとの山は白山であった。白山は生家の二階からも、小学校の門からも、鮒釣りの川辺からも、泳ぎに行く海岸の砂丘からも、つまり私の故郷の町のどこからでも見えた。真正面に気高く美しく見えた。それは名の通り一年の半分は白い山であった。・・・

d0043136_2015326.jpg
赤兎山付近から望む晩秋の白山(2005年11月撮影)


久弥の白山に対する強い思い入れ、あたかも母に対するような熱い思いが伝わって来るようです。
・・・・・・・・・・・・・・
大聖寺の町を歩いていると、ところどころで、ひょっこりと古い民家に出会うことがあります。
大正ロマンの香りがただよう歯科医院が彫金工房とカフェに・・・。町屋再生第1号の建物。
d0043136_19124522.jpg

加賀市は、古い町並みを残していこうと、「町屋再生事業」を進めているそうです。素晴らしいことですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大聖寺に来たからには、流し舟に乗りたいと思って、乗り場に行ってみました。
d0043136_1984691.jpg


「鬼平犯科帳」に出て来そうな舟が・・・。
d0043136_19154968.jpg

ところが、船頭さんから「風が強くて、舟を出せないんですよ」と言われて・・・。う~ん、残念!!
またの機会を待つことにしましょう。
d0043136_19181833.jpg


爽やかな秋晴れに恵まれ、リフレッシュした大聖寺散歩でした♪

PENTAX K100D
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
加賀市大聖寺 長流亭 深田久弥山の文化館
[PR]
by tokimekiroman | 2007-10-22 17:49 | Trackback | Comments(21)
トラックバックURL : http://tokimekiro.exblog.jp/tb/6423116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by OM1ユーザー at 2007-10-22 22:34 x
深田久弥の「日本百名山」は読みましたが、ここの出身なのですね。

私は百名山の内10位は登っていると思います。
団塊の世代などで百名山を登る会とか沢山あるようですが、普段から鍛えておかないと無理でしょうね。
楽に登れる山なら登りたいですね。
Commented by taka(youko) at 2007-10-22 23:35 x
昨年の全昌寺見せて頂きました。凄い素敵な建物ですねー心惹かれました。昨年のは
コメ欄開きませんでした。シュウカイドウもとても綺麗でした。
今日の写真皆な私の好みのものばかりで、とても嬉しいです。川好きなので、素敵に川を
撮られていて感動です。 そして、晩秋の白山が又素晴らしいです。お見事です
そして、流し舟のある、川面の風景、いいですね~とても素晴らしい・素敵です
さすが、「ときめきさん」が撮られるとこんな素敵になるのですねー
しばし、感動の思いで、見惚れています。とても嬉しいです。
有難う御座いました。私も、ほんの少しでも上手くなりたいです。でも素敵な写真見せて
頂いてますと「感性」は養われます。楽しい気分でお休み出来ます ポチしますね


Commented by siawasekun at 2007-10-23 04:49 x
爽やかな秋晴れのもと、大聖寺散歩されたのですね。
秋風情ですね。

特に、舟乗り場及び流し舟、お気に入りです。
どこか、ドラマにでてきそうで。。

今、ランキング、3位と2位ですね。
Commented by yoas23 at 2007-10-23 05:41
山好きの私も深田久弥も「日本百名山」も知っています。
大聖寺の人でしたね。
幼い頃二階の窓から見た白山に山への憧れを強く感じられたのでしょう。

熊坂川は高山市内の江名子川に似ています。
両岸からこぼれるように咲く桜は見事でしょうね。
Commented by 桜・ゆめ・街道 at 2007-10-23 19:11 x
桜・ゆめ・街道です。前から コメント書きたいなと思っていました。金沢を色々とまじめに紹介されている事に感謝します
Commented by gonkappa at 2007-10-23 21:43
大聖寺というと深田久弥のふるさとでは?とズーッと見ていくとやはりそうでした。
昔の学校のような懐かしい建物なんですね。
私も百名山というと白山しか登ったことはないのですが、その時は岐阜県側の大白川キャンプ場から登り、帰りに膝が故障し3kmほどをカニ歩きで降りてきた苦い経験を思い出しました。
Commented by akashiahime at 2007-10-23 21:56
こんばんは!
山の文化館、去年は高田宏さんのお話を聴きに何回か伺いました。
月に一度いろいろなイベントをしていてうらやましい文化館です。
流し舟に乗られたかしらと思っておりましたが残念でしたね。
桜の頃に流し舟に乗ったらまさに鬼平ですね!
Commented by ironsky at 2007-10-23 22:56
秋晴れのもと、楽しい陣を過ごすことができたようですね。
澄んだ空気が気持ちよさそうです。
建物がロマンを感じさせますね。
Commented by かおりん at 2007-10-24 15:53 x
こんにちは~♪
興味深い写真が満載ですね!
素晴らしい写真ばかりです。
確かに鬼平犯科帳に出てきそうな場面…
嬉しくなりました^^
Commented by tokimekiroman at 2007-10-24 19:37
★ OM1ユーザー さん、こんばんは♪
はい、深田久弥のふるさとなんです。
10ぐらいも登っているとは凄いですね。
私なんか、白山、立山、穂高ぐらいです。今だったらとても登れません。
今は低山歩きがせいぜいです・・・。
Commented by tokimekiroman at 2007-10-24 19:41
★ taka(youko)さん、こんばんは♪
全昌寺の記事、読んでいただけましたか。ありがとうございます。
コメント欄、開くはずですが、・・・。
舟のある風景、そこだけ光があたって、とてもいい感じでした。
前から乗ってみたいと思っていたんですが、残念です。

Commented by tokimekiroman at 2007-10-24 19:44
★ siawasekun さん、こんばんは♪
幸い、天気にもめぐまれ、散歩には最適な日和でした。
川舟の風景、大好きな「鬼平犯科帳」のエンディングに出て来そうなシーンでしたよ。
Commented by tokimekiroman at 2007-10-24 19:49
★ yoas23さん、こんばんは♪
深田久弥の「日本百名山」は、中高年の登山ブームの火付け役になったとか・・・。
山に登った気にさせてくれる味わい深い名文ですね。
>熊坂川は高山市内の江名子川に似ています。
そうなんですか。春の頃に訪れてみたいところです。
Commented by tokimekiroman at 2007-10-24 19:50
★桜・ゆめ・街道さん、はじめまして!こんばんは♪
コメントありがとうございます。
そういっていただくと、うれしいです♪
また、時々おいで下さい。
Commented by tokimekiroman at 2007-10-24 19:54
★gonkappaさん、こんばんは♪
そうなんです。私も初めて見たときは学校かと思いましたよ。
岐阜県側から登ったんですか。つらい経験でしたね。
私は尾瀬に行った時、4~5時間歩いたところで、足がつってしまい、足を引きづりながら、あと4~5時間も歩いた、つらいつらい思い出があります。あまり思い出したくないですが。
Commented by tokimekiroman at 2007-10-24 19:57
★akashiahimeさん、こんばんは♪
山の文化館、ちょうど銀杏の実が上から落ちてきて・・・。
流し舟は今回期待していただけに残念でした。
そう。次は桜満開の季節に舟に乗りたいですね!
Commented by tokimekiroman at 2007-10-24 20:00
★ironskyさん、こんばんは♪
ふだん行かない町なので、ちょっとしたプチ旅行気分を味わいました。
長流亭もすごく良かったんですが、中を紹介できず残念です。
Commented by tokimekiroman at 2007-10-24 20:03
★ かおりん さん、こんばんは♪
その町や建物の歴史などを聞きながら歩くと、また味わい深いものですね。
今度の機会には、満開の桜を舟から見上げてみたいものです。
Commented by 桜・ゆめ・街道 at 2007-10-26 07:15 x
九州 くるめへくるね 桜・ゆめ・街道です。tokimekiromannさんコメント有難うございました。ちゃんと見てあるのですね、在りがたい 西王母椿の写真アングルとても綺麗です。私の住んでいる 久留米市東部地区は昔から 花と植木の産地です 色んな花々が季節 を知らせてくれています。今はキンモクセイは咲き 初嵐白椿も咲き誇っています。今日は3週間ぶりの雨です 私は花生産農家です
Commented by 桜・ゆめ・街道 at 2007-10-26 15:55 x
くるめの桜・ゆめ・街道です。わたしのページからリンクさせていただきます。私のページをごらんください。いかがでしょうか。tokimekiromanさんもからもリンクお願いします。
Commented by tokimekiroman at 2007-10-26 18:29
★ 桜・ゆめ・街道さん、こんばんは♪
桜の植樹運動を進めていらっしゃるのですね。素晴らしいことです。
こちらでも名古屋から金沢までの道を桜でいっぱいにしようと取り組んだ人がいますよ。
リンクありがとうございます。
こちらからもリンクさせていただきました♪
<< 秋の長町武家屋敷跡 秋の大聖寺散歩(1) >>