曼珠沙華、いつものように
「曼珠沙華」を「広辞苑」で見ると、「梵語。天上に咲くという架空の花。ヒガンバナの別称」とあります。
いにしえの人が天上に咲くという架空の花を作り上げたところに、想像力を掻き立てられますね。
後の世の人は、それを地上の彼岸花になぞらえたのでしょうか。

去年は、9月11日にアップしたのに、今年はずいぶん遅くのアップとなってしまいました。
家の近くの川のそば。去年と同じ場所に彼岸花は咲いていました。

まずは、縦位置で・・・。
d0043136_2050294.jpg


しべをアップで・・・。
d0043136_20505792.jpg


バッタさんがどこからか・・・。
d0043136_20514089.jpg


上から見ると・・・。
d0043136_2052374.jpg


季節を忘れずに、毎年同じ場所に咲いてくれます・・・。
d0043136_20532054.jpg


PENTAX K100D
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
金沢

ブログランキングに参加中です!
応援してね♪


「芸術・文学/写真」部門



「旅・民族/国内旅行」部門

[PR]
by tokimekiroman | 2007-10-12 20:57
<< 金沢の夜を彩る「月見光路」(1) コスモスと大野界隈散歩 >>