曼珠沙華、いつものように
「曼珠沙華」を「広辞苑」で見ると、「梵語。天上に咲くという架空の花。ヒガンバナの別称」とあります。
いにしえの人が天上に咲くという架空の花を作り上げたところに、想像力を掻き立てられますね。
後の世の人は、それを地上の彼岸花になぞらえたのでしょうか。

去年は、9月11日にアップしたのに、今年はずいぶん遅くのアップとなってしまいました。
家の近くの川のそば。去年と同じ場所に彼岸花は咲いていました。

まずは、縦位置で・・・。
d0043136_2050294.jpg


しべをアップで・・・。
d0043136_20505792.jpg


バッタさんがどこからか・・・。
d0043136_20514089.jpg


上から見ると・・・。
d0043136_2052374.jpg


季節を忘れずに、毎年同じ場所に咲いてくれます・・・。
d0043136_20532054.jpg


PENTAX K100D
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
金沢

ブログランキングに参加中です!
応援してね♪


「芸術・文学/写真」部門



「旅・民族/国内旅行」部門

[PR]
by tokimekiroman | 2007-10-12 20:57 | Comments(35)
Commented by Shikokuboy at 2007-10-12 21:13 x
今晩は。私は最後のお写真が気に入りました。
一輪だけの彼岸花をアップにしたのはいろんなところで見られるのですが、広角で写したものはとても珍しいです。それから赤は飽和しやすいですが、とてもうまく色を出されているなと、本当に感激しました。
Commented by makimaki59 at 2007-10-12 23:05
「曼珠沙華」は「梵語。天上に咲く花」と意味があったのですね。
この花を見ると、いつも津田梅の水引細工をイメージしてしまいます。
繊細な花びらですね!

Commented by yoas23 at 2007-10-13 03:39
赤の一色で酔うような感じです。
これだけ近付くと顔まで赤く染まりそうですね。
こちらでは曼珠沙華もそろそろ終わりになりかけました。
Commented by siawasekun at 2007-10-13 04:59 x
ヒガンバナ、綺麗ですね。
どのショットも、素敵ですね。

特に、バッタとのショット、お気に入りです。
珍しいです。
こういうショットには、惹かれます。
見せていただき、嬉しいです。

ランキング、今2位と1位ですね。
Commented by OM1ユーザー at 2007-10-13 06:09 x
ブログでも書きましたが曼珠沙華は山口百恵が歌って以来大好きな花になってしまいました。

天上では白い花ですがこの世に下りてきて咲く時には人間(女)の業罪をすって真っ赤に染まったそうです。
山口百恵は19歳時点で女の情念を歌いきっています。凄いですね。

シベまで赤くなるのですね、私が撮った時はシベは黄色でした。
Commented by makochi09 at 2007-10-13 08:33
おはようございまーす。
彼岸花きれいに咲いてますねぇ・・
曼珠沙華」は「梵語。天上に咲く花」と呼ばれてるんですね
この花を見るたびに・・天上にいる人を思い出すように
そうゆう別称がついたのかもねぇ・・

彼岸花にバッタめずらしいコラボですねぇ・・かわいい

Commented by taka at 2007-10-13 09:21 x
彼岸花 こちらは、もう終わりです。そちらは今なんですねー
今年ほど良く咲いた年はないとか、書いてみえた人もありました
ほんとに、見事に一面に咲きますのですねー
彼岸花のアップ素敵です。バッタさんと一緒のが好きです。ポチ押しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/hikot0831/25634136.html
Commented by かおりん at 2007-10-13 17:48 x
こんにちは~♪
彼岸花が綺麗ですね!
今年はコスモスや蓮の花、彼岸花を一杯見ました。
ときめきさんのカメラの被写体になった彼岸花、
こんなに綺麗に撮ってもらって喜んでいると思います^^
Commented by kawa at 2007-10-13 20:29 x
ときめきさんが撮るとどうなるのかと思っていました。
近接が絵になる花ですね。
Commented by 雨帳瑞絵 at 2007-10-13 21:01 x
彼岸花にバッタさんってめずらしい取り合わせですね。
バッタさんいいアクセントになってますね☆
一番最初の写真の彼岸花がボクはいいと思いました。
Commented by akashiahime at 2007-10-13 21:32
こんばんは、先日巨樹めぐりに行ったとき、
田んぼの畦道に曼珠沙華がたくさん咲いていました!
緑の中に真っ赤な葉っぱのない華がインパクトありますね。
田んぼにもぐらや野鼠が入らないように植えられたと
そのとき聞きました!
Commented by miyullin at 2007-10-13 21:58
彼岸花の赤は凄く鮮やかで、目を奪われますよね!!
彼岸花には、根や茎に毒があるらしいですよね。やはり綺麗な花には毒があるんでしょうか!!
Commented by のの ☆ at 2007-10-13 22:14 x
会社の近くの伏見川の川沿いでも 彼岸花が咲いてます。通る度に いつか撮りたいなぁって思いながら 毎日 通り過ぎてしまいます。
ときめきさんの写真を見ると 花びらの周りが ほんのり白いから光って見えるんだなぁとか 花びらの端が波打ってるようになってるんだなぁとか彼岸花の魅力がよくわかります  
Commented by gonkappa at 2007-10-13 22:55
妖艶という言葉がふさわしいのではないでしょうか、薄緑をバックにピンクがかった赤がすばらしいです、思わず写真に1票ポチッとさせていただきました。
Commented by netton at 2007-10-15 09:17 x
あぁ~~~~~~~~~知らなかったぁ
ブログランキングに参加していらっしゃったんですねぇ(遅っ!!)
すご~~ぃ!!3位に登録されているじゃないですカァーΣ^)/~~!!(驚!!)
『赤い~花なら まんじゅしゃげ~~♪』 母がよく唄っていました。
美しすぎて子供の頃は恐怖さえ感じていた彼岸花です。
Commented by ironsky at 2007-10-15 20:23
背景が緑だけに、彼岸花の赤が映えますね。
今年は彼岸花を撮らずに終わってしまいました。
Commented by Shikokuboy at 2007-10-15 20:30 x
今晩は。彼岸花の赤が実にうまく出されてると思います。
蘂の重なりと背景のボケ具合が最高です。
私も、こういう写真が撮れないといけないんです。
Commented by tokimekiroman at 2007-10-15 20:56
★ Shikokuboy さん、こんばんは♪
いつもありがとうございます。
彼岸花は、ブログにたくさんアップされているので、「後発組」?はいろいろ角度を変えなければならないので、つらいものがあります(笑い)。
Shikokuboy さんの写真、いつも楽しみに拝見していますよ♪
Commented by tokimekiroman at 2007-10-15 21:00
★makimaki59さん、こんばんは♪
花の形としては、とても変わっていますね。
水引細工、おっしゃるとおりですね!
津田梅さんはこの花を見て、発想したのかも知れませんね。
Commented by tokimekiroman at 2007-10-15 21:04
★ yoas23さん、こんばんは♪
今年はリサーチが遅れて、気が付いたら、もう満開から終わりがけでした。
2枚目など、マクロでぎりぎりまで近づいて撮ってみました。
Commented by tokimekiroman at 2007-10-15 21:06
★siawasekunさん、こんばんは♪
バッタは、偶然、目に飛び込んで来たのですが、習性なのか、動くものがあると追いかけてしまいます。
いつもありがとうございます♪
Commented by tokimekiroman at 2007-10-15 21:10
★OM1ユーザー さん、こんばんは♪
なるほど、女の業はすごい!
女の情念を歌い上げたのも素晴らしいですね。
撮影した時は終わりがけでしたので、しべも赤くなったのかも知れません。
Commented by tokimekiroman at 2007-10-15 21:12
★makochi09さん、こんばんは♪
いにしえの人は想像力が豊かだったとつくづく思いますね。
バッタさん、そおっと近づいて撮ってみました♪
Commented by tokimekiroman at 2007-10-15 21:20
★ taka さん、こんばんは♪
今年は写真に撮るのが遅れてしまって・・・。
こちらも、もう終わりがけでした。
バッタさん、うまい具合に画面に入って来てくれました。
taka さんの、彼岸花の中の野菊、素敵ですね♪
Commented by tokimekiroman at 2007-10-15 21:25
★ かおりん さん、こんばんは♪
彼岸花、たくさんの人がアップしていますね。
やはり、絵になる被写体ですね。
それと、この季節を代表するような花、ということがあるんでしょうね。
いつもありがとうございます♪
Commented by tokimekiroman at 2007-10-15 21:28
★kawa さん、こんばんは♪
皆さん、たくさん撮っているので、むずかしいですね。
この花を見ると、やはり、アップで攻めてみようという気になります。
Commented by tokimekiroman at 2007-10-15 21:29
★ 雨帳瑞絵さん、こんばんは♪
1枚目は一番オーソドックスに撮ってみようと思いました。
バッタは、偶然ですが、「ここに蝶でも来ないかな」と思っていたので、ラッキーでした♪
Commented by tokimekiroman at 2007-10-15 21:32
★akashiahimeさん、こんばんは♪
彼岸花は、川のそばなど、水分が多いところに群生するようですね。
根っこに毒性があるようなので、そういう狙いがあるのかも知れませんね。
Commented by tokimekiroman at 2007-10-15 21:36
★ miyullinさん、こんばんは♪
白いのもあるそうですが、私は赤いのばかりしか見たことがありません。
毒性があるそうですね。
やっぱり、きれいな花には毒があるものなんですね!
Commented by tokimekiroman at 2007-10-15 21:43
★のの ☆さん、こんばんは♪
伏見川の川沿いにも咲いていたんですか。
今はもう咲き終わった頃でしょうね。残念なことをしました。
かくいう私も撮り逃がすことがしばしばです。
マクロの世界でしか見えないものがありますよね。私もあとで気付くことが多いですが・・・。
Commented by tokimekiroman at 2007-10-15 21:46
★ gonkappaさん、こんばんは♪
彼岸花は、毎年同じ場所に咲くんですね。
当たり前といえば当たり前ですが、不思議です。
ポチ、ありがとうございます♪
Commented by tokimekiroman at 2007-10-15 21:50
★nettonさん、こんばんは♪
そうなんです。おかげさまで、上位にいますが、結果が重要なのではなく、その過程を楽しみながら、やっています。
やはり、普通の花と比べて、違和感がある花だったのでしょうか。
Commented by tokimekiroman at 2007-10-15 21:53
★ ironskyさん、こんばんは♪
住宅地なので、ちょっと角度を変えると、住宅が入ってしまいます。
それで、草をバックにねらってみました。
ironskyさん、来年はぜひ♪
Commented by taka at 2007-10-17 20:24 x
2枚目・3枚目が好きです。特に3枚目はバッタさんとのコラボで素敵です
流石・ときめきさんの作 素敵です。撮りかたお勉強出来ます。難しいですが。。。。。
私の近所はもう彼岸花終わりました
日曜に「短歌の歌会」があり、ここに参加して、次の月曜に、同行して、郡上へ行きました
其処には、まだ彼岸花が咲いていて、池に映ってましたので撮りました
古今伝授の里へ行ったのでした
そして、又、そのまま「歴史研究会」さんの方と「信州へと向いました」
三日間程、ブログが出来ませんでした、昨夜やっと、郡上の川をUPして今日は古今伝授
の里UPしました。 訪問出来なくてやっと来ましたです ポチ押します
Commented by tokimekiroman at 2007-10-17 22:20
★ taka さん、こんばんは♪
バッタさん、偶然でしたが、少し変化をつけたことになりました。
歴史研究会の会合だったのですか。私も以前、参加したことがありますよ。
いつもありがとうございます。
<< 金沢の夜を彩る「月見光路」(1) コスモスと大野界隈散歩 >>