ひまわり きょう梅雨明け!
きょうの金沢は、最高気温が35度を超える「猛暑日」でした!
暑い!暑い!
そして、北陸地方はようやく、8月の声を聞いてからの梅雨明けです。
梅雨明け宣言、去年より2日遅く、平年より10日も遅いということです。

金沢郊外の河北潟干拓地にある「ひまわり村」では、いま、ひまわりの大輪の花が一斉に咲き競っています。
d0043136_19412431.jpg

PENTAX K100D SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED


d0043136_19421184.jpg

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8


ひまわりの花がどれだけあるのか、数え切れません!
d0043136_19423318.jpg

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8


ひまわりとパラソル
d0043136_19432079.jpg

PENTAX *istDs SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED


d0043136_19523964.jpg

PENTAX K100D SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED

ここに来て、不思議だったのは、ひまわりの花がみな、太陽に背を向けていること。「向日葵」と書くのにどうなってるの?


金沢・河北潟 ひまわり村

追記:「ウィキペディア」で「ヒマワリ」を調べてみました。
・・・ヒマワリ(向日葵)はキク科の一年草。原産地は北アメリカ。高さ2mくらいまで生長し、かなり大きな黄色の花を咲かせる。ヒマワリは夏の季語。花言葉は「あなただけを見つめている」など。

名前の由来は、太陽の動きにつれて、その方向を追うように花が回るといわれたことから。ただし、この動きは生長に伴うものであるため、実際に太陽を追って動くのは生長が盛んな若い時期だけである。若いヒマワリの茎の上部の葉は太陽に正対するように動き、朝には東を向いていたのが夕方には西を向く。日没後はまもなく起きあがり、夜明け前にはふたたび東に向く。この運動はつぼみを付ける頃まで続くが、つぼみが大きくなり花が開く頃には生長が止まるため動かなくなる。その過程で日中の西への動きがだんだん小さくなるにもかかわらず夜間に東へ戻る動きは変わらないため、完全に開いた花は基本的に東を向いたままほとんど動かない。なお、これは茎頂に一つだけ花をつける品種が遮るもののない日光を受けた場合のことであり、多数の花をつけるものや日光を遮るものがある場所では必ずしもこうはならない。・・・

なあんだ。「完全に開いた花は基本的に東を向いたままほとんど動かない。」・・・
このヒマワリ村に行ったのが午後2時過ぎだったので、ひまわりは東を向いたままだったんだ・・・ (8月3日)
[PR]
by tokimekiroman | 2007-08-01 19:54
<< そばの花とミツバチ 土用丑の日 うなぎにどじょう >>