土用丑の日 うなぎにどじょう
きのうは参院選の投票日。ちょっと変わった経験をしました。
市の選挙管理委員会から投票立会人を命ぜられたのです。
午前6時30分に投票所に行き、午前7時の投票開始から午後8時の投票終了まで、なんと13時間!立会人席に坐って、投票箱と投票する人を見つめていました。
投票が終了したら、市職員と一緒に車で開票所まで投票箱を運び、任務終了です。
結局、午前6時30分から午後9時30分まで、延々15時間ぐらいのお役目を終えた時は、ぐったりと来ました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
で、きょうは「土用丑の日」。精力をつけなければと、昼過ぎにうなぎ屋さんに走りました。
毎年買いに行くおなじみの店です。遅い時間に行くと、売り切れになってしまうのです。
d0043136_2212896.jpg


店の前には「土用丑の日」の大きな張り紙。
d0043136_22123446.jpg

うなぎの蒲焼1本(1500円)とどじょうの蒲焼20本(1800円)を買い求めました。

家に帰って、テラスのテーブルに買ってきたうなぎとどじょうの蒲焼、ビールを並べて、まず写真撮影。
このあと、どじょうの蒲焼でビールを飲みました。疲れも吹き飛ぶ感じです!
d0043136_22224571.jpg

鰻の蒲焼のほうは、夕食にうな重でいただきました。

d0043136_22232931.jpg


土用丑の日にうなぎを食べる習慣は、去年も紹介しましたが、平賀源内が発案したものだそうです。源内さんはアイデアマンだったのですね。
金沢では、うなぎだけでなく、泥鰌の蒲焼も食べますが、こちらは長崎から連れられて来たキリシタンの人たちが川でどじょうを獲って、蒲焼にして売り歩いたのが始まりだそうです。
金沢では、今も土用丑の日にはどじょうの蒲焼を食べるならわしがあります。

うなぎとどじょうの蒲焼を食べると、夏の暑さもこれで乗り切るぞ!という気持ちが湧いて来るから不思議ですね。
[PR]
by tokimekiroman | 2007-07-30 22:33
<< ひまわり きょう梅雨明け! 北國花火2007金沢大会 >>