お神明さんのあぶりもち
10月の15日から17日までは、野町のお神明(しんめい)さんの秋の祭礼です。
青空にめぐまれたきょう、自転車に乗って、犀川の自転車道を行き、お神明さんに行って来ました。犀川大橋を渡ると、すぐ右手にお神明さんがあります。
お神明さんは、正式の名が「神明宮」(しんめいぐう)ですが、「お神明さん」と呼ばれています。

慶長5年(1600年)、加賀藩2代藩主・前田利長が卯辰山にあった神明宮を現在地の野町に移し、厄除け神事への参拝を奨励、さらに、5代藩主・綱紀が氏神として信仰したそうです。

d0043136_1818295.jpg

祭礼でにぎわう神明宮


あぶりもちというのは、祭礼にお供えする餅を御幣の形に切って串に刺し、火にあぶったもので、家の玄関などに飾っておくと、悪事災難厄除けの霊験あらたかと言われています。また、これを食べると、1年の厄除けになるそうです。
拝殿に参拝したあと、さっそく、あぶり餅を買い求めました。
そうすると、あぶり餅1本とお茶がサービスされ、境内の床机に坐って、頂きました。
炭火であぶった餅から香ばしい匂いがただよい、美味しかったです。
d0043136_18184587.jpg

あぶりもち


江戸時代から金沢城下の人たちに親しまれて来た神社だけあって、きょうも、たくさんの人で賑わっていました。
d0043136_1819887.jpg


家に帰って、さっそく玄関にあぶり餅を飾り、家族であぶり餅を食べました。これで1年、厄除けになるはず・・・。
d0043136_18192023.jpg


PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
金沢・野町・神明宮
[PR]
by tokimekiroman | 2006-10-15 19:15
<< 暗がり坂のライトアップ 水辺の朝 >>