「殿様の生活エピソード」を聞く
きょうも「れきはく」、県立歴史博物館に行ってきました。
兼六園周辺文化の森ミュージアム・ウィークの一環で、講演会がありました。
講師は、石川県立歴史博物館館長の徳田寿秋さん。
演題は「殿様の生活エピソード~第14代慶寧を中心に~」。

前田慶寧(よしやす)は、天保元年(1830)5月4日、江戸の加賀藩本郷邸に生まれた。父は13代藩主・前田斉泰(なりやす)。母は、11代将軍・徳川家斉(いえなり)の娘・溶姫ようひめ)。
慶寧(幼名・犬千代丸)の誕生を祝って、金沢の城下では、6月1日、2日に「盆正月」といって、作り物や祇園囃子、踊りなどで、前代未聞の賑わいぶりだったそうです。
・・・徳田さんは、この金沢独特の「盆正月」を復活させてはどうかと提案していました。

慶寧は天保13年、満12歳で元服し、将軍・家慶に謁見、将軍の一字をもらい、「慶寧」と名乗る。

満16歳の時、正室・崇姫(たかひめ、久留米藩主・有馬頼徳の娘)を迎えるが夭逝、次の正室・通姫(つうひめ、鷹司政道の養女)も夭逝。3人の側室のうち、筆(ふで、家臣・久徳嘉兵衛の娘)を最も寵愛した。

慶寧は、中肉中背、頑強ではなかったが、鷹狩りや乗馬、槍術を好んだ。
青年期の慶寧は、尊皇攘夷派の影響を受けたが、藩主になってのち、卯辰山開拓や西洋流軍備の改革、海外留学生の派遣など、加賀の近代化に貢献したということです。

・・・徳田さんのお話は、これまでになくユーモアにあふれるお話で、会場を沸かせていました。


で、前田慶寧のお話にちなんで、江戸の加賀藩邸に建てられた赤門の写真を・・・。以前に、撮影したものです。
d0043136_20304872.jpg

江戸・加賀藩邸の赤門(現・東大)

文政10年(1827)、加賀藩主・前田斉泰にとついだ11代将軍・徳川家斉の息女・溶姫のために建てられた朱塗りの御守殿門。国の重要文化財になっています。

d0043136_2032995.jpg

本郷・加賀藩上屋敷があった場所(現・東大)

溶姫がとついで、3年後に慶寧(犬千代丸)が生まれた訳ですが、当時の加賀藩上屋敷は、いま、東大の構内になっているんですね。

ちなみに、加賀藩中屋敷は、巣鴨御籠町(現・文京区本駒込)にあり、下屋敷は、板橋(現・板橋区加賀)にあったそうです。板橋には、「加賀小学校」があり、校章には梅(加賀藩は剣梅鉢の紋)がデザインされているそうです。
いつか、加賀藩ゆかりの場所をのんびり歩いてみたいものです。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F 35-105mm/F4-5.6
東京・本郷
[PR]
by tokimekiroman | 2006-10-04 20:43
<< 犀川の岸辺 「参勤交代」のお話を聞く >>