錦城山(大聖寺城址)・・・加賀市
先日、片山津温泉の花火を見に行った折り、北陸自動車道の加賀ICを下りてから、大聖寺の町に立ち寄ってみました。
ここは、藩政時代は加賀百万石の前田氏の支藩、大聖寺藩(10万石)の城下町です。

かつて大聖寺城があった錦城山(標高約67m)に登ってみました。あまり人が登った形跡はなく、夏草が生い茂った道が続いています。

d0043136_20511438.jpg

夏草が茂る山道


d0043136_2051293.jpg


慶長5年(1600年)、あの関ヶ原の合戦の折り、徳川方についた前田利長が大聖寺城に立て籠もる豊臣方の山口玄蕃を打ち破り、山口父子は討ち死にしました。

d0043136_20514595.jpg

大聖寺城本丸跡


その後、前田利長は大聖寺城に城代を置いていましたが、元和元年(1615年)、幕府の「一国一城令」により廃城となってしまいました。

そして、藩政時代は、「お止め山」として、一般の人の入山が禁止され、その結果、鹿や猪も生息する自然の山に戻ったということです。

d0043136_20522248.jpg

自然が残る錦城山


d0043136_20523427.jpg


ところで、大聖寺といえば、あの「日本百名山」で知られる深田久弥が生まれた町。
錦城山のすぐ近くに久弥の生家があります。

「私のふるさとの山は白山であった。白山は生家の二階からも、小学校の門からも、鮒釣りの川辺からも、泳ぎに行く海岸の砂丘からも、つまり私の故郷の町のどこからでも見えた。真正面に気高く美しく見えた。・・・」

「日本百名山」の「白山」の章に久弥はこう書いています。

私は、<少年時代の久弥は、きっとこの錦城山に登ったに違いない。もしかすると、この小さな山が久弥の山行の最初だったのかも知れない>と思いながら、夏草が茂る山道を踏みしめて登ったのでした。

「百名山」ファンなら、「深田久弥山の文化館」をのぞいてみても面白いでしょう。

「深田久弥 山の文化館」

追記:この日は、白山の姿が撮れませんでした。
それで、昨年の秋、赤兎山から見た白山をご紹介します。

「赤兎山登山道を歩く」

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
加賀市・錦城山(大聖寺城址)
[PR]
by tokimekiroman | 2006-08-28 21:41 | Comments(18)
Commented by akashiahime at 2006-08-28 21:47
城が無くても、大聖寺城を想像できる山道ですネ。
Commented by siawasekun at 2006-08-29 01:25 x
深緑の景色ですね。
山道ですね。

秋の気配を感じてしまいます。
Commented by yoas23 at 2006-08-29 07:32
深田久弥は加賀の人だとは知っていましたが、大聖寺とは知りませんでした。
この標高67mの山が最初の登山だったのでしょうね。
そう思うと感慨深いものがありますね。
「日本百名山」好きな本です。
Commented by namazu_5757 at 2006-08-29 10:01
深田久弥のふるさとなんですね。白山はその姿をなかなか見せてくれないと聞いたことがありますが実際どうなのでしょう?わたしは飛行機からその姿を見てその大きさに感動したことがあり、その1回だけ見たことがあります。地上から見てみたいですね。
Commented by degdate at 2006-08-29 20:04 x
今晩は、
お城を構えるのには丁度よい位置にあるような気がしますね。
前田藩の支藩があった場所なのですネ。
今回の場所とご案内の白山を重ね合わせて見ました。
素晴らしい眺めがそうぞうできます。
Commented by 花輪散花 at 2006-08-29 20:52 x
夏草や兵どもの夢の跡・・・・でしたっけ、そんな句を思い起こさせる写真です。400年ほど前には、確かにここに暮らす人々がいて、戦いで命を落とした人がいるのですよね。きっと緑の色は変わらないでしょうに・・・
不思議な思いにかられます。
Commented by sakusaku_fukafuka at 2006-08-29 21:17
こんばんは。
歴史のある山なのですねー
もっと整備されたなら、市民の憩いの場となるでしょうにね。
Commented by tokimekiroman at 2006-08-29 22:22
★ akashiahimeさん、こんばんは♪
山としては普通ですが、お城にしては急な道が続いています。
こういう山城は、登城するのが大変ですね。
Commented by tokimekiroman at 2006-08-29 22:26
★ siawasekun さん、こんばんは♪
花を見ることもなく、自然のままの森が続いています。
原生林の中を行く、という感じでした。
Commented by tokimekiroman at 2006-08-29 22:30
★ yoas23さん、こんばんは♪
はい、子どもの頃の深田久弥もここを歩いたのかなぁと思うと、感慨深いものがありました。
「日本百名山」、山を知り尽くした深田久弥が味わい深い文章で綴った名著ですね。
Commented by tokimekiroman at 2006-08-29 22:36
★namazu_5757さん、こんばんは♪
白山がすっきりと見えることは、なかなかないんです。
namazuさんのご要望にこたえて、秋の白山の姿をリンクで載せておきました。ご覧ください♪
Commented by tokimekiroman at 2006-08-29 22:46
★degdateさん、こんばんは♪
難攻不落というのか、攻めにくいお城のようですね。
大聖寺城の本丸跡から白山が見えるのかなと思って行ったんですが、森にさえぎられて、見えませんでした。
Commented by tokimekiroman at 2006-08-29 22:52
★花輪散花さん、こんばんは♪
天下取りをめざして、戦いに明け暮れた時代ですから、どれだけの戦があり、どれだけの命が失われたか、分かりませんね。
Commented by tokimekiroman at 2006-08-29 22:55
★ sakusaku_fukafukaさん、こんばんは♪
歴史的な価値があるので、手を入れにくいのか、今のところ整備するような計画はないようです。
Commented by kawa at 2006-08-29 23:15 x
戦国の城山って、こういう感じでうしょね。よく知っているわけではありませんが。

白山の写真、拝見いたしました。
Commented by tokimekiroman at 2006-08-29 23:23
★kawaさん、こんばんは♪
大聖寺の平地の中で、ここが小高い山になっているので、山城を築くには最適だったのではないかと思われます。
白山の写真、見て頂き、ありがとうございます。
Commented by まさちゃん at 2011-05-06 00:29 x
初めまして、こんばんは
昨日、散歩で錦城山に登って来ました
保存あうる会の方が、草刈りやお掃除されていましたよ
お写真の頃より、だいぶ整備されて、一人でも安心して登れる感じです
お城の後を今度発掘調査されるって話を聞きました
また、ぜひおいでくださいね~
ちょっとリンクさせて頂きました
Commented by tokimekiroman at 2011-07-22 15:59
★まさちゃんさん、こんにちは♪
錦城山、趣のあるいいところですね。
新しい情報、ありがとうございます。
<< 全昌寺の秋海棠(しゅうかいどう... 漁港の夕日 >>