橋立漁港・夕景
きょうは「処暑」。暦の上では「暑さやわらぐ」というのですが、相変わらず最高気温30度以上の暑い一日。
金沢では、これで24日連続の真夏日です。

片山津温泉花火の日、夜9時の花火開始まで時間があったので、近くの橋立漁港に行ってみました。

かつて(江戸時代)、出入りする北前船で賑わいをみせた橋立港は、今、イカ、底曳き、カニ漁などの県内有数の漁港となっています。

d0043136_23225942.jpg

釣り人



d0043136_23234220.jpg

網を繕う



d0043136_23251521.jpg

出漁を待つ漁船



d0043136_232628.jpg

漁に出る漁船


静かな港を見回すと、釣り糸を垂れる人、出漁を前に網の繕いをする人の姿がありました。

そして、夕日が落ちる頃、1隻の漁船がエンジン音を響かせながら、港を出て行きました。朝方までの操業に出かけたのです。
この日は、豊漁だったでしょうか。

そういえば、9月1日は、底曳き網漁の解禁です。もうすぐ美味しいカレイ、タイ、甘エビなどが店頭に並ぶことでしょう。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F 70-210mm/F4-5.6
加賀市・橋立漁港
[PR]
by tokimekiroman | 2006-08-23 23:35
<< 夏の夜に「太鼓の響き」・・・金沢城 バッタの脱皮・アメリカフヨウ >>