観音院の「四万六千日」
きょうは朝から暑い1日でした。
朝早く、東山1丁目の観音院に参詣してきました。「四万六千日」のお参りです。

d0043136_229154.jpg

「四万六千日」の張り紙

「四万六千日」。この日にお参りをすると、四万六千日、実に126年間毎日お参りしたのと同じご利益があるといわれています。

観音院では、毎年旧暦の7月9日に行われていて、今年は新暦の8月2日、きょうなのです。
で、妻と一緒に参詣して来ようということになった訳です。
厳しい夏の日差しのもとを歩いていると、あちこちに「四万六千日」を知らせる張り紙が目につきます。

d0043136_22183268.jpg

「四万六千日」の縁日に掲げる五色の旗

家の前に、五色の旗が掲げられています。地元の人に聞くと、「四万六千日」の日には、この旗を掲げているそうです。長年にわたって、人々の間に、深く根付いていることを感じさせられました。

d0043136_22232092.jpg

観音坂

「観音坂」という長い坂を上っていくと、ようやく観音院に着きます。

d0043136_2225069.jpg

真言宗・長谷山観音院

d0043136_22255149.jpg


d0043136_22262955.jpg

観音院の本堂でお参りをしたあと、境内で縁起物のトウキビ(とうもろこし)を買いました。

d0043136_2255938.jpg

これを家の玄関先に吊るしておくと、家内安全、商売繁盛のご利益があるということです。

d0043136_2235971.jpg

帰宅して、さっそく家の玄関先に吊るしました。ご利益のほどは、どうでしょうか。

ところで、東京・浅草の浅草寺でも「四万六千日」の縁日がありますが、ほおずきが売られています。
なぜ、金沢ではとうもろこしで、浅草ではほおずきなのか、疑問が湧くところですが、北陸大学の小林忠雄教授によると、浅草寺でも以前はとうもろこしを売っていたが、後にほおずきに変わったのだということです。
古くからの年中行事が今も金沢に伝わっている・・・。これは大切なことなのだ、と思いつつ、蝉しぐれを聞きながら、帰って来ました。

d0043136_22534723.jpg


ちなみに、来年の観音院の「四万六千日」は8月21日(火)です。

浅草の浅草寺では、毎年新暦の7月10日が「四万六千日」で、新暦の7月9日と10日にほおずき市が開かれています。
東京では、新暦に切り替えられた年中行事が金沢では旧暦のまま受け継がれているのです。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
金沢・東山・観音院
[PR]
by tokimekiroman | 2006-08-02 22:29
<< 持明院の妙蓮咲く 縄文のロマン!真脇遺跡 >>