能登半島最北端の禄剛埼灯台
珠洲ハーブの丘のあと、車で能登半島の海岸沿いの道を走り、禄剛埼(ろっこうさき)灯台へ向jかいました。
禄剛埼灯台は、日本海に突き出た能登半島の先端、海抜46メートルの断崖の上にあり、ここに立つと、シベリア、中国、韓国が海のかなたにあることを意識させられます。

d0043136_23341056.jpg

禄剛埼灯台

明治16年、イギリス人の設計で建造されたものです。
白亜の灯台が青い空に映えています。

d0043136_232386.jpg

東京302km 上海1598km 釜山783km ウラジオストック772km


d0043136_23255273.jpg

海の向こうにシベリアがある・・・


d0043136_23264043.jpg

「菊の御紋章」が・・・

「明治16年7月10日初点灯」の文字と「菊の御紋章」。
日本で唯一、「菊の御紋章」がある灯台だそうです。
明治の頃、灯台には「菊の御紋章」を付けたのでしょうか。

d0043136_23301728.jpg

灯台の光は海上はるか34kmまで達する・・・

禄剛埼灯台は「日本の灯台50選」にも選ばれており、海上保安庁が歴史的価値を保存するために定めた「保存灯台」のAランク(23基)の一つです。
この場所から一度は、日本海に沈む夕日を眺めてみたいものです。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX DA12-24mm/F4ED
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
珠洲市狼煙・禄剛埼灯台(通称:狼煙の灯台)

ちなみに、岬は「禄剛崎」(ろっこうざき)、灯台は「禄剛埼灯台」です。
[PR]
by tokimekiroman | 2006-07-25 23:37
<< 見附島と「えんむすびーち」 ラベンダーの高原 >>