土用丑の日のどじょう・うなぎ
きょうは、土用丑の日ですね。
金沢では、うなぎの蒲焼と一緒にどじょうの蒲焼が売られています。

d0043136_21435765.jpg

こういう昔懐かしい店は、だんだん少なくなりましたね。

さっそく買ってきて、蒲焼を食べながら、ビールをググイッと、やりました。
今年も夏バテせずに、乗り切れるかな?

こちらがどじょうの蒲焼(1本90円)
d0043136_21454872.jpg


こちらはうなぎの蒲焼(1尾1,400円)
d0043136_21461468.jpg


土用丑の日にうなぎを食べる習慣は江戸時代にできたようで、かの蘭学者・平賀源内のアイディアが当たったといわれています。
では、金沢では、どうしてどじょうの蒲焼を食べるようになったのか?
そこには、意外な事実があったのです・・・。

金沢の卯辰山には、長崎から流刑になったキリスト教徒が収容されていました。
そのキリスト教徒たちが明治初期、川でどじょうをつかまえて、焼いて売り歩いたのが始まりだそうです。これは「金沢検定」の講座でもお話がありました。

そういえば、キリシタン大名だった高山右近が前田家の客将として一時期、金沢に暮らしていたこともあります。
金沢は、一向一揆に見られるように「真宗王国」といわれますが、一方で、キリスト教との浅からぬ縁もありそうなのです。

本題にもどり、今では、どじょうの蒲焼は、金沢の夏の味覚として欠かせないものになっています。
[PR]
by tokimekiroman | 2006-07-23 21:33 | Trackback(1) | Comments(18)
トラックバックURL : http://tokimekiro.exblog.jp/tb/3424388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ブログできるかな at 2008-02-29 20:30
タイトル : どじょうの蒲焼き
福音館書店の「こどものとも」、家に幼児がいる皆さんはご存じでしょう。 申し込むと、色々な作家の新作絵本が毎月1冊ずつ家に届くシステムのようです。 民話風からアバンギャルドまで作風もさまざま。 絵も...... more
Commented by indigo_s16 at 2006-07-23 22:59
そういえば、金沢にウナギやさんって少なくないですか。
学生の時に、ウナギ屋を探したのだけど、ほとんど無かったのを
憶えています。
Commented by moon-pon at 2006-07-23 23:25
子どもの頃、夏になるとよくどじょうの蒲焼きを食べました。
近所の店の焼きたてで、とってもおいしかった・・・。
今はほとんどスーパーでしか買えなくて、
ほとんど食べなくなってしまいました。
とても残念・・・。
Commented by yoas23 at 2006-07-24 06:20
どじょうの蒲焼は初めて知りました。
なまずは自分で蒲焼にしたことがあるのですが・・・。
タレが沁みて美味しそうです。
さすが歴史のある金沢は食文化もバラエティーに富んでいますね。
Commented by 風の旅人 at 2006-07-24 08:53 x
ドジョウの蒲焼で一杯!いいですね♪
おいしいドジョウの蒲焼を作る店も少なくなってきた感じがします。
ウナギを割くのも難しいと思うのですが、小さいドジョウを割くのは、なお 大変でしょうね。


Commented by namazu_5757 at 2006-07-24 11:00
ドジョウの蒲焼きがめちゃくちゃ気になります。
食べたいです。苦みばしっておいしいんでしょうね。
よだれが〜。
Commented by akashiahime at 2006-07-24 12:49 x
どじょうの蒲焼き大好きです!
東山付近にありましたよね。角の店?そのお店のどじょうの蒲焼き
おいしかったのですが今もお店あるでしょうか?
Commented by micho7 at 2006-07-24 19:30
どじょうの蒲焼は、どんな味がするんですか?
ビールにあいそうですね。
Commented by ironsky at 2006-07-24 19:43
失敗、昨日はウナギを食べませんでした。
私はウナギが大好物なのに。
ドジョウの蒲焼き、食べたことがありません。
ドジョウだと、柳川とかドジョウ鍋くらいしか思い浮かびません。
Commented by tokimekiroman at 2006-07-24 21:35
▼ indigo_s16さん、こんばんは♪
うなぎ屋さんといえば、少ないですね。
indigoさんは、うなぎが好きなんですね。
それだったら、私のおすすめは、片町裏通りの「うなぎや福利」です。
ちょくちょく行きますが、美味しい上に、リーズナブルな料金がうれしいです。
機会がありましたら、ぜひ・・・。
Commented by tokimekiroman at 2006-07-24 21:38
▼moon-ponさん、こんばんは♪
昔はあちこちにどじょうの蒲焼の店があって、それがすごいご馳走だったですね。
今は、店の人の高齢化で、消えていくのは、さみしいですね。
Commented by tokimekiroman at 2006-07-24 21:46
▼yoas23さん、こんばんは♪
どじょうの蒲焼は、子どもの頃から大好物です。
決して高級ではありませんが、今で言う「B級グルメ」ですね。
庶民の味がします。
Commented by tokimekiroman at 2006-07-24 21:48
▼ 風の旅人さん、こんばんは♪
どじょうの蒲焼は、ビールにあいますね!
あっというまに10本ぐらい食べてしまいます。
こういう店が少なくなって、寂しいですね。
Commented by tokimekiroman at 2006-07-24 21:56
▼namazu_5757さん、こんばんは♪
ちょっと苦味がありますが、秘伝のタレがよく浸みていて、甘くて、美味しいですよ。
Commented by tokimekiroman at 2006-07-24 22:01
▼akashiahimeさん、こんばんは♪
akashiahimeさんも大好きですか!
ここは東山じゃないんです。
中橋町の北陸線高架橋のすぐそばにある「土井どじょうかば焼店」です。
わが家では、毎年、ここの蒲焼を食べています。
Commented by tokimekiroman at 2006-07-24 22:06
▼micho7さん、こんばんは♪
最初は、こげた部分がちょっと苦味があるんですが、次に、甘いタレの味がして、カリカリとした感触がなんともいえません。
この味を楽しみながら、ビールをグイグイやると、これはもうサイコーですね♪
Commented by tokimekiroman at 2006-07-24 22:10
▼ ironskyさん、こんばんは♪
うなぎ、食べ忘れですか。今からでもまにあいますよ!
どぜうの柳川、どぜう鍋は、やはり「駒形どぜう」ですが、どぜうの蒲焼はやはり金沢でしょうね!
Commented by siawasekun at 2006-07-25 01:36 x
どじょうの蒲焼き、初めて知りました。
一度、食べてみたくなりました。

岐阜でも、食べられるところ、ありますかね。
Commented by tokimekiroman at 2006-07-25 21:40
▼ siawasekun さん、こんばんは♪
どじょうの蒲焼、岐阜にあるんでしょうか。
ちょっとネットで検索してみましたが、出てきませんでした。
やはり、どじょうの蒲焼をたべるには、金沢へいらっしね♪
<< ラベンダーの高原 絢爛!燈籠山祭り(2)曳山巡行 >>