春の九州の旅(3)大宰府天満宮
春の九州の旅(3)大宰府天満宮

2日目は、ハウステンボス駅からJRの「ハウステンボス号」で博多駅に向かい、地下鉄を経て、西鉄線で太宰府駅に到着しました。
d0043136_21441761.jpg




**************
大宰府天満宮は、年間約800万人が訪れるという人気の神社だそうです。
入口には、神牛像が・・・・。
d0043136_2148171.jpg


学問の神様、菅原道真を祭る1100年以上の歴史を持つ神社で、最近は「合格祈願」の神様として有名です。
d0043136_21501711.jpg


d0043136_21502912.jpg


境内には、見上げるような高さの巨樹があり、立て札を見ると、クスノキ(樟)で、天然記念物だということです。
樹齢1000年とも1500年ともいわれるもので、高さは39メートル、根周り20メートルです。
d0043136_21542265.jpg


社務所で、健康長寿のお守りを求め、家族へのおみやげにしました。
神社の境内は巨樹の緑につつまれ、心が洗われるようなひとときを過ごしました。
d0043136_21572711.jpg


*************
この日の夜は、福岡の繁華街、博多天神で、名物の「もつ鍋」を賞味。
プリプリのモツに、ニラやキャベツがたくさん入ったヘルシーな鍋を味わい、福岡の夜を満喫しました。
d0043136_2205789.jpg


(次号につづく)
[PR]
by tokimekiroman | 2017-06-04 22:01 | Comments(0)
<< 春の九州の旅(4)柳川の川下り 春の九州の旅(2)ハウステンボ... >>