新潟・豪農の館にて
新潟・豪農の館にて


久しぶりに新潟県を訪れ、初めて「豪農の館」を見学しました。

d0043136_22414490.jpg

                   古民家と花菖蒲




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「豪農の館」は、新潟平野を流れる阿賀野川の西岸に位置する沢海(そうみ)という小さな集落にあります。
江戸中期より、代を重ねて、豪農の道を歩み、やがて、越後随一の大地主となったそうです。
明治に入って、さらに農地の集積をはかり、全盛期には、1370余町歩(1370万平米)の田畑を所有するようになり、昭和期には、新潟県一の豪農となったのだそうです。
現在も、その建物が保存され、往時の面影をしのぶことができます。
d0043136_22535222.jpg


d0043136_22541780.jpg


d0043136_2254562.jpg


庭園には、ちょうど花菖蒲の花が咲いていました。
d0043136_22572156.jpg


d0043136_22562147.jpg


こちらのハスは、「大賀ハス」といい、大変珍しいものです。古代のハスです。
d0043136_2259090.jpg


d0043136_22592278.jpg


古民家の裏へ行くと、昔の荷車がひっそりと眠っていました。
d0043136_2311243.jpg


伊藤家の豪壮な本邸は、敷地8800坪、建坪1200坪、部屋数65!
よくこれだけのものが保存されたものだと、感じ入りました。
[PR]
by tokimekiroman | 2016-06-23 23:08 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tokimekiro.exblog.jp/tb/23245019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 日本海夕景 トロッコに乗って、黒部峡谷へ >>