大和路・石楠花の室生寺へ
大和路・石楠花の室生寺へ

長谷寺のあとは、石楠花の室生寺へ向かいました。

d0043136_183165.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
奈良県宇陀市にある真言宗室生寺派の大本山、室生寺は、奈良時代の末期、この幽邃の地で、皇太子・山部親王(のちの桓武天皇)の病気平癒の祈願が行われ、卓効があったことから、勅命により創建されたという名刹です。
d0043136_18371355.jpg


仁王門から入ると、池のほとりに美しい花が咲いていて、思わずレンズを向けました。サクラソウの仲間のようです。
d0043136_18485817.jpg


ここからは、急な石段が続きます。
d0043136_18402338.jpg


あちこちに、石楠花が見られますが、残念なことに、最盛期は過ぎてしまったようです。
d0043136_1850153.jpg


国宝の灌頂堂(本堂)にやってきました。
d0043136_18521747.jpg


この季節は、美しい新緑につつまれています。
d0043136_1853433.jpg


d0043136_1854415.jpg


灌頂堂(本堂)の横から石段を上がると、国宝の五重塔に到着。
d0043136_1923553.jpg


d0043136_1856182.jpg


こちらにも石楠花が少し・・・。
d0043136_18564013.jpg


石楠花の花期は惜しくも過ぎ去っていたものの、新緑につつまれた境内で、しばしゆったりとした時間を味わうことができました。
d0043136_185728.jpg


d0043136_195817.jpg


日帰りではありましたが、天候にもめぐまれ、得がたい名刹巡りの旅となりました。
[PR]
by tokimekiroman | 2015-05-10 18:41 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tokimekiro.exblog.jp/tb/21778102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 玉泉院丸庭園、復元なる 大和路・牡丹の長谷寺へ >>