大阪造幣局 桜の通り抜け
大阪造幣局 桜の通り抜け

    浪速の春の風物詩を体験

きのうの日曜日(4月12日)、「浪速の春の風物詩」といわれる大阪造幣局の「桜の通り抜け」を体験して来ました。

d0043136_161337100.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
金沢を朝、バスで出発し、お昼には、通天閣の前に到着です。「新世界」という繁華街です。
d0043136_16165966.jpg


「大阪といえば串かつ」というわけで、こんな看板が出ているお店に入り、いろんな串かつを味わいました。
d0043136_16213532.jpg


d0043136_16441363.jpg


このあと、うどんが食べたくなって、新世界のマップを見て、こんなお店に入りました。
d0043136_16464770.jpg


つけ鴨うどんを賞味・・・。うまい!
d0043136_16472910.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いよいよ「桜の通り抜け」です。
今年の「桜の通り抜け」は、4月9日(木)から15日(水)ですが、きのうは日曜日だったためか、とくに大変な人出で、にぎわっていました。
d0043136_16595691.jpg


南門から入場し、一方通行で桜門(公園降り口)まで行き、露店が並ぶ旧淀川沿いの道を帰ってきます。
「今年の花」という「一葉(いちよう)」です。
d0043136_1732017.jpg


こちら、「平野撫子(ひらのなでしこ)」。
d0043136_1775736.jpg


「関山(かんざん)」は、赤い花びら。
d0043136_1793145.jpg


「松月(しょうげつ)」はピンクの花びら。
d0043136_1711761.jpg


しだれ系の「雨情枝垂(うじょうしだれ)」。
d0043136_17122121.jpg


桜といっても、実に多くの種類があり、それぞれに趣きがあるのに驚きました。
旧淀川沿いの道を歩いていると、遠くに大阪城が見えました。
d0043136_17142687.jpg


露店が並ぶ道は、大変なにぎわい!
d0043136_17152128.jpg


きのうはくもり空ながら、めったにない「桜の通り抜け」という貴重な体験をし、満足して、帰りのバスに乗り込みました。
d0043136_17193982.jpg

[PR]
by tokimekiroman | 2015-04-13 17:20
<< 大和路・牡丹の長谷寺へ 高岡古城公園の桜、満開 >>