ふるさと金沢の歌~「金沢望郷歌」
きょうはあいにくの雨。そこで、金沢の話題を・・・。
金沢には二つの川が流れています。浅野川と犀川。
その犀川を中心に金沢を謳った「金沢望郷歌」が今、静かなブームです。
作詞は五木寛之さん、作曲は弦哲也さん、新人の松原健之(たけし)さんが歌っています。
作家デビューまでの一時期を金沢で過ごした五木寛之さん。金沢を舞台に数多くの小説を書いている五木さん。4年前に浅野川を謳った「浅野川恋歌」を作詞していますが、今回は犀川を中心に金沢を謳いあげています。

金沢に生まれ、育った人、そして今は遠くからふるさと金沢を想う、その想いが伝わってくる歌です。それは、ほかならぬ五木さん自身の金沢への憧憬の想いでもあるのでしょう。
金沢の四季の情景とともに、しみじみとした情感が伝わってきます。
その一節に、私が写真を添えてみました・・・。


桜橋から  大橋みれば

川の岸辺に  かげろう揺れる

流れる雲よ  空の青さよ

犀星の詩を  うつす犀川

d0043136_1392556.jpg

桜の頃の犀川大橋(4月)


d0043136_139361.jpg

桜の頃の桜橋(4月)


d0043136_13101945.jpg

カキツバタ咲く兼六園(5月)


d0043136_13111668.jpg

雪吊りと紅葉の兼六園(12月)


d0043136_1574177.jpg

雪の兼六園(1月)



この街に生まれ  この街に生きる

わがふるさとは  金沢 

   夢を抱く街          (作詞:五木寛之)

このサビの一節が私は好きです。時々、口ずさんでいます。
金沢と縁を結んだ人々にも親しんでいただきたい歌なので、ご紹介しました。

金沢望郷歌
松原健之 五木寛之 前田俊明 杉内信介 / テイチクエンタテインメント

ここをクリックすると、歌の1番と3番が聴けますよ。
「金沢望郷歌」
[PR]
by tokimekiroman | 2005-11-03 13:28
<< アメリカフウの並木道、紅葉始まる レトロな店~片町 >>