古地図を片手に東京散歩(1)銀座・八丁堀ほか
古地図を片手に東京散歩(1)銀座・八丁堀ほか

1年ぶりに東京へ行ったので、「古地図を片手に東京散歩」と、しゃれてみました。
まずは、上越新幹線で、東京駅に到着。
今は、金沢から北陸線、ほくほく線経由で越後湯沢へ行き、上越新幹線に乗り換えて東京へ、という道筋で4時間ちょっとです。これが来年春には北陸新幹線が金沢まで2時間半で行きます。
ずいぶん近くなりますね。
d0043136_22453745.jpg




……………………………………………………

東京駅の赤レンガ造りの重厚な外観がいいですね。
d0043136_22462582.jpg


有楽町駅に行き、銀座方面に足を向けてみました。このあたりは、学生時代、20代の頃の思い出が残る地です。
こちら、「プランタン銀座」。その頃は読売新聞の本社でしたね。
d0043136_22485180.jpg


その裏通りに行くと、「バーバリ」。その頃は、生命保険会社がありました。
d0043136_22495922.jpg


さらに、八丁堀方面に行くと、・・・。
d0043136_22505179.jpg


中央区教育委員会の説明板が立っていました。ここは「八丁堀の旦那」と呼ばれる与力・同心の組屋敷跡だそうです。
d0043136_22521415.jpg

南北の町奉行所が成立してからは、与力50人、同心280人がここから町奉行所へ通い、江戸の治安に活躍していたんですね。

夕方になり、おなかも減ってきたので、神田駅近くのうなぎの店「うな正」へ・・・。
d0043136_2254998.jpg


こちらのうな重は、期待していた通り、美味でした。
d0043136_2254478.jpg


(つづく)
[PR]
by tokimekiroman | 2014-06-12 22:55 | Comments(0)
<< 古地図を片手に東京散歩(2)皇... 山形城から上山城へ >>