標高差3000メートル~秋の立山(7)
弥陀ヶ原から再び高原バスに乗り、ケーブルカーに乗り換え、立山駅からマイカーで帰ってきました。
途中、常願寺川沿いに走り、橋を渡ったところで、ひと休み。

立山から流れる水は、称名川となり、称名滝から一気に落ちたあと、常願寺川に合流し、下流で日本海に注いでいます。
延長は56キロで、そんなに長くはありませんが、標高差は3000メートル、超一級の急流河川です。

d0043136_15472561.jpg

立山室堂平では、こんな小さな川

d0043136_15481355.jpg

常願寺川
標高差3000mを下ると、こんな川に

d0043136_1549314.jpg


川の流れと一緒に、標高差3000メートルを下ってきて、この「秋の立山」シリーズはENDとなりました。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

PENTAX *ist Ds
SIGMA 18-50mm F3.5-5.6
SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED

「日本美景大全」にも立山の写真をアップしましたので、ごらん下さい♪
[PR]
by tokimekiroman | 2005-10-08 15:55 | Comments(5)
Commented by indigo_s16 at 2005-10-08 17:53
この季節の立山を満喫させて頂きました。
立山は一生のウチにもう一度行っておきたい場所の一つです。
特にこの季節は葉が色づいて良いですよね。

ちっちゃな川が、下流では立派に育ったものよ。ってかんじですね。
Commented by ironsky at 2005-10-08 18:06
本当にありがとうございました。
すばらしい景色を堪能させていただきました。
最後が、3000m下った常願寺川で終わったところも、とてもよい発想ですね。
Commented by tokimekiroman at 2005-10-08 20:47
indigoさん、こんばんは♪
立山は私の期待以上のものがありました。紅葉はいいですね。

今度は雷鳥が見られる時期がいいかなとも思っています。
Commented by tokimekiroman at 2005-10-08 20:52
ironskyさん、こんばんは♪
室堂平で、妻に「あの小さい川はどこまで流れているんかね?」と言われて・・・。
帰り道に偶然、常願寺川の橋を渡って、思いついたことなんです。
少し、変化が出たでしょうか?
Commented by ♪~ at 2005-10-10 13:02 x
こんにちは。
コメントありがとうございました。TBをしたときになかなか反映されなかったので、ご挨拶がおくれました。
立山はすっかり晩秋のおもむきですね。
本当に美しいところで大好きになりました。
私は弥陀が原の写真UPがまだなのですが、出来上がったらまたよろしくお願いします。
<< 秋の夕暮れ 弥陀ヶ原を歩く~秋の立山(6) >>