弥陀ヶ原を歩く~秋の立山(6)
室堂平でお昼の弁当を食べた後、帰途につくことにしました。
高原バスに乗り、途中の弥陀ヶ原に下車。立山に来たからには、弥陀ヶ原を通過する訳にはいきません。

標高約2000メートルの弥陀ヶ原にも紅葉が来ていました。
木道を歩いていると、ところどころに池塘があり、尾瀬ヶ原を歩いているような気分になります。
木道の脇にひっそりと咲いているリンドウを眺めたり、飛んでくるチョウを見たりして、およそ1時間、ゆっくりと高原の秋を楽しみました。

d0043136_22425047.jpg

弥陀ヶ原の木道

d0043136_22385830.jpg

立山の方角に雄大な雲が・・・

d0043136_22393357.jpg

池塘(「ガキの田」と呼ばれる)

d0043136_224093.jpg

オヤマリンドウ
亜高山帯に生える日本特産の多年草です。

d0043136_2314140.jpg

キベリタテハ・・・でしょうか?
中部地方以北の高山帯のダケカンバなどの豊富な渓谷地帯に見られるようです。

d0043136_1534465.jpg

ナナカマド

d0043136_22411183.jpg

弥陀ヶ原の秋は短い

PENTAX *ist Ds
SIGMA 18-50mm F3.5-5.6
SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED
[PR]
by tokimekiroman | 2005-10-07 23:15
<< 標高差3000メートル~秋の立... みどりが池~秋の立山(5) >>