みどりが池~秋の立山(5)
立山の山肌を染める紅葉を撮影したあと、石畳の道をさらに進むと、みどりが池が見えてきました。
立山の代表的なみくりが池に比べると、かなり小さい池です。
このあたりには、ミネカエデの黄葉が見られました。
葉が落ちてしまったナナカマドもあり、赤い実だけが秋の陽を浴びていました。

d0043136_22425223.jpg

みどりが池

d0043136_21124756.jpg

みどりが池

d0043136_21582242.jpg


d0043136_2114250.jpg

ミネカエデの黄葉

d0043136_21151122.jpg

ナナカマドの赤い実

途中で、ちょっと変わった花を見つけました。
ヤマハハコ(山母子)というらしいです。
菊の花のようだと思ったら、キク科の植物で、中部地方以北の山岳地帯に生える多年草だそうです。
ハハコグサ(母子草)に似ているので、山母子と名付けられたようです。
立山は、紅葉もいいし、花も豊富ですね。

d0043136_21155048.jpg

ヤマハハコ

PENTAX *ist Ds
SIGMA 18-50mm F3.5-5.6
SMC PENTAX-F★300mm/F4.5ED
[PR]
by tokimekiroman | 2005-10-06 21:46
<< 弥陀ヶ原を歩く~秋の立山(6) 立山の紅葉~秋の立山(4) >>