「風の盆」の里・八尾(1)
きのう、3日、「おわら風の盆」で知られる八尾へ行って来ました。きょうから何回かに分けてご紹介します。

金沢を車で出発、北陸自動車道を経由して、富山市八尾町の郊外にあるスポーツアリーナに着いたのが午後2時頃でした。所要時間は約1時間です。
ところが、ここと八尾の町を結ぶシャトルバスは午後5時にならないと出ないとのこと。
仕方なく、歩いて八尾の町に向かいました。20分ほどで到着、あちこちを見てまわりました。

d0043136_22114767.jpg

八尾の町を流れる井田川に架かる禅寺橋です。公募でデザインが選ばれたそうで、橋の欄干に「おわら風の盆」の踊り手が描かれています。

d0043136_2214455.jpg

井田川に沿って、石垣の町並みが続いています。

d0043136_22274545.jpg

禅寺橋

d0043136_22191460.jpg

八尾の町は高低差があり、坂道が多い町です。

d0043136_22213154.jpg

城ヶ山公園から見た八尾の町の眺めです。
城ヶ山は標高200メートルの小高い山で、今から600年以上前、ここに諏訪左近という武将が城を築いたことから城ヶ山と呼ばれているそうです。
下の町から頂上まで280段もの石段があり、上に着いた頃はかなりグロッキーでした。

夕方近くになると、だんだん観光客の姿も増え、町はにぎやかになってきました。

PENTAX *ist Ds
SIGMA 18-50mm F3.5-5.6
[PR]
by tokimekiroman | 2005-09-04 22:38
<< 「風の盆」の里・八尾(2) ピンクのタマスダレ >>