お墓参りにキリコ
金沢ではお墓参りにキリコを持っていく慣習があります。
街中のスーパーなどでもお盆になると店頭にキリコがずらりと並びます。

d0043136_21442183.jpg

このキリコを持って、お墓参りに行き、お墓の前に吊るしておくんです。
キリコの正面には「南無阿弥陀仏」と書かれ、横に「献上」あるいは「献灯」と書いて、名前を記します。
このキリコを献上しておくと、その家の人に墓参に来たことが分かる訳です。

d0043136_21445918.jpg


d0043136_21451590.jpg

夜になると、キリコの中のろうそくに灯がともされ、幻想的な雰囲気になります。
お盆にキリコを吊るす慣習は、金沢とその近郊に限られているようですが、どうしてそのような慣習ができたのか、はっきりしていません。
浄土真宗のならわしなのか、それとも信心深いといわれる加賀一向宗の流れを受け継いでいるのか・・・。
ともあれ、灯がともったキリコがずらりと並ぶさまは、金沢のお盆の風物詩です。

d0043136_21524080.jpg


d0043136_21455015.jpg

PENTAX *ist Ds
SIGMA 18-50mm F3.5-5.6
[PR]
by tokimekiroman | 2005-08-14 21:57
<< 本丸下石垣の不思議 石川の夏まつり >>