ヒツジグサ(スイレン)~奥卯辰
小さな山の上にある池にスイレン(睡蓮)の白い花が咲いていた。
スイレンは、和名を「ヒツジグサ」(未草)という。
昔は、未(ひつじ)の刻(午後2時頃)になると花が開くと信じられていたそうだ。
けれど、明るくなると花が開き、暗くなると閉じる。
まるで時計のようだ。
ではなぜ、「ヒツジグサ」なのか?
和名の由来は謎のままである。
けれど、「ヒツジグサ」と呼ぶほうがなんとなく好きだ。

d0043136_2204510.jpg

ヒツジグサ(スイレン)

d0043136_2213589.jpg


d0043136_222553.jpg


d0043136_2222669.jpg

アジサイと白鳥とヒツジグサ

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8
SIGMA 18-50mm F3.5-5.6
金沢・奥卯辰健民公園
[PR]
by tokimekiroman | 2005-07-25 22:05 | Comments(2)
Commented by sakusaku_fukafuka at 2005-08-18 21:48
こんばんは。トップから来ました、初めてお邪魔します。
自分も PENTAX *ist Ds をメインに撮っています。
ただ、MACRO は30年前の SMC PENTAX 100mm F4で、まったくのManual Focus です ^^;
ボケみもすごい綺麗だし、同じカメラで撮ったとは思えないほどとても良い色がでていますね。
参考になりました。
また遊びに来ます。
Commented by tokimekiroman at 2005-08-19 22:32
sakusaku_fukafukaさん、はじめまして。
最近、ようやく色々なレンズを使って試してみています。
失敗の時もありますが、楽しいものですね。
sakusaku_fukafukaさんのところへもお邪魔します。
<< どじょうの蒲焼~土用丑の日 巡視船のりくら >>