チョウが舞う高原(3)~奥卯辰
「チョウが舞う高原」その3です。
d0043136_22272090.jpg

ベニシジミ
シジミチョウの仲間のベニシジミです。
体長は15~18mm、北海道から九州、種子島に棲息しています。

d0043136_22305168.jpg

キチョウ
シロチョウの仲間のキチョウです。
体長は20~25mm、本州より南に棲息しているそうです。

d0043136_22323560.jpg

ガザニア
キク科の多年草で、南アフリカ原産、日本には明治末期に入ってきたそうです。

d0043136_22334054.jpg

セミの抜け殻
幼い頃、近くの神社の境内で、穴にいるセミを探していたことを思い出しました。

PENTAX *ist Ds SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8

撮影地:奥卯辰健民公園(金沢)
[PR]
by tokimekiroman | 2005-07-22 22:37 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://tokimekiro.exblog.jp/tb/1350428
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from +ゆうきと太郎の日常+ at 2005-07-24 17:16
タイトル : ツバメシジミ
今年は昆虫写真に挑戦だ〜と、おちびの虫捕りにくっついてカメラを持ってキョロ(\'\' )( \'\') キョロ 最近ではカメラを構えていると、「なんか見つけた?」と我が家のぼんが走って寄ってくるように^_^; 動かない虫はまだしも、蝶やトンボなどの飛んでいる写真って言うのは難しいですね〜 こんど、花の前で待ち伏せでもしてみようかな。 この写真はツバメシジミ。 大阪ではまぁまぁ見られる種類のようです。 ツバメシジミという名前は燕尾服の後ろとこの蝶の羽の後ろの突起を重ね合わせたそうです...... more
Commented by あけ at 2005-07-24 17:19 x
こんにちは~
大阪は今日も暑いです^_^;
蝉はそろそろ寿命を終えたものが出てきました。
昔の大阪はアブラゼミ(羽が茶色で大きいの)が多かったような気がしますが、今はあたりで鳴いている蝉のほとんどはクマゼミ(ジャーシャー鳴いている羽の透き通ったの)です。
金沢ではどんな蝉が鳴いていますか?
Commented by tokimekiroman at 2005-07-25 08:41
あけさん、おはようございます。
金沢はきょうも暑くなりそうです。
こちらのセミは、アブラゼミとミンミンゼミが多いようです。
クマゼミはこちらは少ないようです。
<< 梅雨明け! 大手堀と宮守堀 >>