チョウが舞う高原(2)~奥卯辰
d0043136_2030664.jpg

ウラナミジャノメ

d0043136_20304235.jpg

イチモンジセセリ

きょうも暑かったですね。
書店で図鑑を買ってきました。チョウの種類を調べるためです。もうすぐ夏休みですから、書店には、子供向けの本のコーナーができていました。
その中から、小学館の図鑑「昆虫」というのを買ってきたしだいです(汗)。

で、きのうアップしたチョウは、シジミチョウの仲間の「ウラナミアカシジミ」でほぼ間違いないでしょう。体長は18~21mm、6月から8月、北海道南西部から本州、四国に棲息します。

きょうの1枚目は、タテハチョウの仲間の「ウラナミジャノメ」で、本州(中部地方以西)、四国、九州、屋久島に棲息するようです。体長は18~22mm、6月から9月が活動期です。翅の裏に蛇の目のような斑紋があります。

2枚目は、セセリチョウの仲間の「イチモンジセセリ」。移動力が強く日本全土で見られ、体長は15~17mm、活動期は5月から11月です。白い斑紋が一文字に並ぶのが特徴のようです。

なお、チョウと一口に言っても、アゲハチョウ、シロチョウ、シジミチョウ、タテハチョウ、セセリチョウと、五つの種類に大別され、それがさらに何十種類かに分かれているそうです(フーッ)。夏休みの宿題をやっている気分です。

ま、なにはともあれ、高原のチョウで、涼しさを感じていただければ・・・。

PENTAX *ist Ds
SMC PENTAX-F Macro 100mm/F2.8

撮影地:奥卯辰健民公園(金沢)
[PR]
by tokimekiroman | 2005-07-19 21:03 | Comments(2)
Commented by カム at 2005-07-20 10:30 x
ちわ〜\(~o~)/
石川出身(能登の方)で去年まで金沢で働いておりました、カムってものです。金沢は大好きな街ですので早速金沢peopleをブログに載せました!!今はアメリカに留学中ですが金沢を盛り上げて行けたら、と思います。金沢の写真、たくさん撮って見せて下さいね〜
Commented by tokimekiroman at 2005-07-20 21:24
カムさん、はるばるアメリカからコメント、トラバありがとうございます。
アメリカで見ていただいているなんて、カンゲキ!です。
さっそく「金沢ピープル」をブログに載せていただき、感謝!です。
おかげさまで、トラバも増えています。
カムさんも「金沢」のこと書いて、トラバしてください!
<< 高原の初夏 チョウが舞う高原(1)~奥卯辰 >>