包丁人の暑気払い お酒を楽しむ
毎日毎日、暑い日が続き、うんざりですが、この暑さを吹き飛ばそうと、きょう暑気払いの会に出かけてきました。
おいしいお酒と料理を頂いたおかげで、元気が出てきた感じです。
d0043136_19521768.jpg





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この催し、いつも通っている北國新聞文化センターの「包丁人たちの料理サロン」で、恒例の暑気払いをやろうということになった次第です。
場所は、前田利幸先生のお店、内灘町の「はねや」です。
d0043136_19565951.jpg


今回は特別の趣向で、長期熟成酒研究会顧問の梁井(やない)宏さんを講師に招いて、「お酒を楽しむ」というお話を聴きました。
梁井さんは、金沢の銘酒「福正宗」で知られる福光屋で永年にわたり酒づくりに取り組んで来られただけに、大変興味深いお話が聴けました。
d0043136_19594996.jpg


お話の後は、試飲会。
左から5年熟成の純米吟醸酒「百登勢」(ももとせ)、吟醸酒「加賀鳶」、純米酒「風よ水よ人よ」。
d0043136_2094643.jpg


日本酒は、造り方で、純米吟醸酒、純米酒、吟醸酒、本醸造酒などに分類され、火入れ(殺菌)の種類によって、生酒、生貯蔵酒、生詰め酒(ひやおろし)などに分類されるそうです。
d0043136_20184541.jpg

飲み比べてみると、「百登勢」が一番香りが濃厚で、美味しかったです。

料理は、すき焼きをメインに、・・・
d0043136_20213338.jpg


美味しい料理が次々と、・・・
d0043136_972855.jpg

d0043136_982426.jpg

d0043136_20221119.jpg

ハモの真子煮、コウバコガニの沖漬け、マツタケの土瓶蒸し、ハス蒸し、酢ガキなどの珍味を賞味しました。

ビールは、「はねや」ならではのエクストラビールを注文しました。マイナス2度Cの冷たさ!
d0043136_20245214.jpg

そういえば、きのうMROの松村玲郎さんが取材に来たとかで、今夜のMROテレビ「レオスタ」で紹介されていました。

前田先生からお酌をして頂き、一同恐縮・・・
d0043136_20273688.jpg


お酒の味を吟味しながら、話がはずみます。
d0043136_2028312.jpg


外は猛暑の暑さだというのに、室内は冷房で快適、冷酒がすいすいと喉を通ります。
皆さん、すっかり暑気払いができたようでした!
d0043136_1344512.jpg

d0043136_20302950.jpg


長期熟成酒研究会のHPはこちらです。

PENTAX K100D
内灘町 和乃食はねや
[PR]
by tokimekiroman | 2010-08-30 20:09
<< 史上最も暑かった夏! 猛暑の夏はいつまで続く? >>