ライラックの花咲く季節
庭のライラックが咲き始めました。
この花が咲くと、もうそんな季節なのかとあらためて感じさせられます。
d0043136_21462762.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ライラックは、別名ムラサキハシドイ、あるいはリラとも呼ばれています。
「リラ冷えの街」といえば、なんとなく北の町を思い浮かべますが、それもそのはず、北海道の札幌市と釧路市の花なんだそうです。
d0043136_21485575.jpg


花の図鑑によると、ライラックはモクセイ科の耐寒性落葉高木で、開花期は4~5月。花色は桃・青紫・白とありますが、わが家のライラックは赤紫色。
ネットで調べてみたら、この赤紫色を「ライラック色」ともよぶそうです。

咲き始めの今は、ライラック特有の香りが漂います。
樹高は5メートルにもなるそうです。今はまだ2メートルぐらいですが、近いうちに庭で一番大きい木になるかも知れません。

リラの花の香りをかいで、札幌の町に思いをはせます・・・。

d0043136_2222119.jpg



     リラ咲いて煉瓦舗道の街古ぶ   亨 
                     
                 (山本健吉編「季寄せ」より)
[PR]
by tokimekiroman | 2010-05-10 22:02
<< オリエント急行に乗って・・・晩... 鯛釣草が咲いた! >>