冬の能登を味わう旅(2)能登なまこ
能登カキを堪能したあと、能登島へ。
かつてはフェリーでしか渡れない島でしたが、今では2本の橋で結ばれ、便利になりました。

d0043136_17343421.jpg

波静かな能登島の海




………………………………………………
橋(ツインブリッジのと)を渡って能登島へ。
d0043136_17381422.jpg


能登島の陶芸工房 「案山子窯」 に立ち寄り。
d0043136_17404883.jpg


能登島を拠点に陶芸活動を続けているという山田剛さんからお話を聞きました。
d0043136_17423544.jpg


かわいい陶芸の小物も即売していて、けっこう人気のようです。
d0043136_1744882.jpg


工房を出ると、すぐ能登島の海が広がっています。
d0043136_184193.jpg


能登島をぐるっとまわったあと、能登島大橋を渡って、能登島にさよなら。
d0043136_1805342.jpg


能登特産のなまこの加工場 「なまこや」 (大根音松商店)へ。
伝統的な製法で、なまこを加工して、このわた、くちこ、干しくちこを作っています。
d0043136_1813719.jpg


ちなみに、「このわた」はなまこの腸の塩辛、「くちこ」はなまこの卵巣の塩辛、「干しくちこ」は、なまこの卵巣を三角に干した珍味で、高級料亭に人気です。
d0043136_182988.jpg


こちらは、「金ん子」といわれる乾燥なまこ。
d0043136_1823088.jpg


このわたのお土産を買って、外に出ると、加工場の前が石崎漁港。
d0043136_1843735.jpg


このあと、一路金沢へ。
能登有料道路では日本海に沈もうとする夕日がとってもきれいでした。
d0043136_18161399.jpg


藤瀬の霊水に始まり、中島のかき、石崎のなまこと、能登の味覚を堪能した旅が終わりました。
また、機会があれば、出かけてみたいものです。

PENTAX K100D
能登 七尾市能登島町 石崎町
[PR]
by tokimekiroman | 2010-01-29 18:24
<< 犀川と雨宝院・にし茶屋街 冬の能登を味わう旅(1)カキづくし >>